アセンション症状をどう乗り越えていくかvol2

先程紹介したイボンヌ・ペリーが書いています

「いきなりやってくる変化変容は恐れをもたらすが、だからこそ知識を持っていることで、
安心して対処できる」
「アセンション症状が不快だったとしても、アセンションのプロセスは不純物を一瞬にして純化することだということを思い出そう。分析・考えすぎをやめ、これからどうなるかと思案せず、受け入れて、今体験していることが間違いだと思わず、自分は完璧な魂であることを思い出そう」
「これは自らの力と思いと感情を目的のために、平和のために使う道をいく過程だと思いだそう」

つまりアセンション症状を迎え入れるにつけ、大事なことはポジティブに受け入れること。
そうは言っても、それぞれの段階で起こる症状は決して楽ではないので、ポジティブに、といっても限界があります。そういうときはポジティブでもネガティブでもいいと割り切っていいと思います

ただあるがままを受け入れて、この嵐が通り過ぎるのを待とう、とひたすら耐えるのもあり、というかそうするしかありません。アセンション症状を超えるには忍耐が必要です。何につけても忍耐。忍耐が第一。

アセンション症状を超えていくに必要なパワー

1.「この先には素晴らしい自分が生まれ変わって出現する」というビジョン
2.「これは過程にすぎない」と割り切る潔さ
3.非常に辛いときでも症状でも、それを乗り切っていく忍耐力
4.「自分一人ではない」という連帯感、繋がり。
5.アセンション症状に対処していく自分なりの方法や他の人のアイディア、
アセンション症状とは何かというある程度具体的な知識を持っておくこと
6.人生の課題・浄化すべきトピックが見えていること
7.人生でこれがやりたい、これをやるために生まれたんだ!という強い使命感や目的意識

じっと耐えていく忍耐力も必要ですが、一番不調を長引かせるのは「アセンション症状についての知識がない、乏しい」ことと「アセンション症状についての情報意見体験の共有がない孤独」だと思います

アセンション症状についての本は、極めて少ないです。スピリチュアルな本や情報が格段に増えた昨今、非常に増えているにもかかわらず一方でアセンション症状やライトボディプロセスについての専門書はほとんどありません。その代わり海外のサイトで優れたものが幾つもあります。

信用できるアセンション症状についてのウェブサイトは、必ずその書き手がアセンション症状を経験したことがある経験者であることです。アセンション症状は自分が通過してみないとその有り様が全くわかりませんし、体験した人の言葉は生身のもので、説得力と励ましのエネルギーに満ちています。

海外国内に限らず、いわゆる誰が書いているのか明らかではないようなスピリチュアルポータルサイトは、どこかからそうした貴重な体験談をリライトしてコピペしているので、内容が同じで薄っぺらく、実用的ではありません。

真に役立つ情報を得たいなら、必ず自分がアセンションを通過中の人の情報を読んでください。

アセンション症状についての知識の奥深さは、そのヒーラー、書き手そのもののスピリチュアリティーに比例しています。そして、そのような情報があること自体が、自分にとってどれほどの支えになるか・・・良い情報に出会ってください。真に迫るような迫力ある情報を見つけてください。

 

それからもう一つ、アセンション症状がひどくても、誰かと体験を共有することはすごく救いになります。多くの「アセンションを選ばない人々」はアセンション症状を体験しないままこの一生を過ごすと思いますが、彼らとその話をしても宇宙人としゃべっているかのように相手は捉えて困惑します。
また、口先だけ「スピリチュアル」を語る人やアセンションを語る人たち、知識偏重で知識だけでスピリチュアルを理解した気分になっている人も、実質アセンションを通過することができません。

彼らは何か人生の指針がほしいのであって、それがスピリチュアルだったのです。真のライトワーカー、ウェイシャワー、アースエンジェル、スターシード、エンジェリックヒューマンは、言葉だけに酔ってしまうスピリチュアル知識人ではありません。以前にもブログ記事で書きましたが、真のライトワーカーは経験し、行動します。感じ、磨かれ、困難を与えられ、成長し、躓き、悩み苦しみ、そしてまた歩みます。真のライトワーカーというのは、常に動いているのです。(それが瞑想というかたちであっても)

スピリチュアル知識人と真のライトワーカーとの間では、同じ言葉が行きかいますが、実際には体験していることが違うので、彼らはここで体験が大きく別れ、理解し合うことができません。いわゆるスピリチュアルに興味があるからと言って、仲良くなったり気があったり、結婚パートナーにふさわしいとはいえないのはそういうところです。

自分がもし本当のライトワーカーで、本当に浄化のプロセスを歩み、スピリチュアルな進化を歩んでいると感じるならば、何らかの行動と変容を常に体験していますから、同じように行動と変容を体験している仲間、友人を見つけてください。
そして彼らと、彼女らと一緒に語り合う時間、出会う時間を持ってください。

私は今このサロンの指針を「アースエンジェル(ライトワーカーたち)を少しでもサポートするためのセッションをする」に大きく変えようとしています。その中でも大事にしたいのが、アースエンジェル同士が出会い語れる機会をなるべく作ることです。大型のワークショップだけじゃなく、ハーブセラピーの講座とか、庭造りクラブとか、お茶会や花摘み会もいいと思っています。

そうでないとアースエンジェルたちは、個人的なアセンション症状にはまってしまい、自分をそれ以上に飛躍させることができずに孤立してしまいます。アースエンジェルたちがもっと自由に語り合える、共同作業、共同創造ができる機会を作ることもangeliclovelight,earthangelgardensの目的の一つです。

アースエンジェル、ライトワーカーは、必ずこの世界この地球で、今やるべきことを持ってきています。そのブループリントを開き、理解し、実現するには、個人の力だけではなしえません。愛と親しみのある共有・共感・共同作業・語り合いが必要です。人と出会い語ることで、自分の使命に気付かされることも多いです。アースエンジェルやライトワーカーやウェイシャワーは、生まれる前から繋がる「運命」なのです。変容することも、新しい地球に生きることも、新しい地球を創造することも、一人ではなせず、皆でつくるものだからです。