遠隔・ハンズオンどちらを選ぶ?

 

bigstock-female-hands-with-seven-symbol-30166862

 

遠隔セッションもハンズオンセッションでも、基本的に目指すところは同じです
天使・高次からの愛・光・色・音を伝達する。その方法論自体に変わりはありません

ハンズオン・遠隔の違いとそれぞれのメリットを上げてみますのでどちらが今のご自身にあっているかの参考にしてみてください。

 

遠隔ヒーリング・遠隔ワークについて
○どこにいても受けられ、日程選びも比較的フレキシブル
○自宅や好きな場所で受けられるので、リラックスできる
○セッションだけに集中できる
○施術者に気を使う必要がない
○そのまま眠ってしまえる
○横になっても、どのような態勢でも受けられる
○遠隔の場合、ダイレクトに大量のエネルギーを注ぐことに多くの時間を注ぐので、大量の
エネルギーを受け取ることができる
○連続で受けやすい
○施術者が目の前にいない分、エネルギーを受け取ろうとする意思がより強くなり、エネルギーを受け取る感受性を磨く良いレッスンになる

対面・ハンズオンセッションについて

○実際にお会いしてのセッションなので、お互いに寄り身近になる
○ハンズオンにはないエネルギーエクササイズ、ボディエクササイズ、ポラリティエクササイズなどを
取り入れて、体の深部の状態を見て、かつそれを解すセッションも取り入れている
○現在のニーズやセッション終了後の状態などを、その場でお話しあうことができる
○直接ハンズオンできるので、エネルギーを感じ取りにくい人に向いている
○遠隔と違い、肉体内部やオーラ層をより細かく見て、細部にエネルギーを照射できる
○グラウンディング、センタリングなどスピリチュアルワークに欠かせないエクササイズを取り入れることが出来る
○直接アロマテラピーやストーンセラピー、花セラピーができる

尚、angeliclovelightの方針として、すべてのハンズオンセッションは自然の中で行います。そのため、現在では予約できる季節と時間帯は限られておりますことご了承くださいませ。
ハンズオンセッションにはエネルギーワークそのもの以外のエクササイズも含まれているため、またお話をする時間もあるため、所要時間は大体2時間程度です。全体として3時間ほど時間をとっておいていただければ余裕を持って受けられます

 

遠隔・ハンズオンどちらにも良さがありますので、組み合わせて受けるのが一番おすすめです

 

遠隔の場合は、ハンズオンよりもより全体にエネルギー・光を流す
・吹きかける・満たす・インフィーズするという形になります

細かい作業や特定の箇所への集中的ヒーリングはハンズオンの方がやりやすく
ハンズオンの特徴でもありますが、
遠隔では無限のエネルギーをインフィーズしやすい傾向があり、
フィールド全体へなみなみと光を注ぐに適しています

遠隔は光のシャワーを浴びるようなものです

また、遠隔のいいところは自分の一番リラックスできる時に、リラックスした格好で、
完全にリラックスしながら受けられるということです
よって、対面より深く味わえる・受けとめられる人もいますし、
「エネルギーを感じ取ろう」とする集中力が持てる・リラックスしているからより感性が研ぎ澄まされ
結果自分に起こっていることをより深く経験出来る人もいます

遠隔とハンズオン、目指すものは同じでもそれぞれ特徴と良さがあります
必要に合わせて活かしわけていただければ幸いです