どれを受ければいいですか?各種セッションQ&A

2020年予想と、コロナとスピリチュアル

感染症とスピリチュアルは非常に密接な関係性があり、それについて書くこともできるのですが、
いろんなところからデマだとかインチキ情報といわれるでしょう
人類は今になってもまだ、スピリチュアルにはまったくといっていいほど目覚めていません
しかし確かに、本物のヒーラーならコロナが何で「できているのか」見えるはずで
どこからかやってきたかも、いろいろとイヤーなことがわかっているはずなので
こうしたことを世界が見ているところで語るのは、自分の身にも危険です
だからどのヒーラーもほとんどものをいわないでしょ。
今や、世界の若い世代は、スピリチュアルを受け入れるようになってきていますから。
本来ならば、コロナとスピリチュアルの関係についてまじめにテレビでも討論することができる
くらいの時代になっていたはずですが、地球は、アセンションやら、愛と光の黄金時代やらを迎えるのとは
明らかに逆行しています。
私は先の苦い体験から、思い知りました
世界のほぼすべての人は、実は自分のことしか考えていないことを。
自分について考えるのはいいのですが、
結局は自分の益、得、金、になることばかり考えています
難病の友人を放置し無視する非常な人々を見せつけられたことにより、
その体験によってよくわかりました
人類は愛と光など取り入れてもいないし、それらにオープンにもなってないのです
ただただ、自分。SNSが、それを大いに助長しています
一昔前の世代のスピリチュアルヒーラーがさんざん言ってきたように、
2030年ごろには世界はすっかり変わっており、人々は愛に満ち、
地球は輝き…などということは私はもう信じていません
誰が何と言おうと、体験と実感によって信じていないのです
情報と知識によって信じていないのではないのです
人類は、今後目覚めさせられるために、
これでもかというほど大きな試練を、絶え間なく経験しつづけることになるでしょうその中で、自分はどう生きるのか?
地球全体の波動が下がっている中で、
自分だけは、愛だけを見て明るくルンルンに生きるなどということは無理です
そういうふりを一生懸命している人もいますが
ヒーラーである私にはオーラが見えるので一目瞭然です
空元気はやめましょう
私たちはお互いに影響しあっているので
地球全体が恐れと自己中心主義と残酷さのただなかにある時、
本当に幸せに満ちていられる人などいません
どうやっても、どこからかやってくるネガティブなエネルギーに影響され
打撃を受けます
今のコロナ時期もそうですが
その中で、いかに自分もネガティブになってしまいつつ、
それでも、美しい地球を目指して、クリエイティブに生きるのか?私たちにできることは、気づきと、想像と創造と工夫によって
少しでも、美しく生きること、美を目指すことだと思います
バシャール流に言えば、わくわくを小さくてもいいから、追求していくこと。
今以上に、
個人の「強さ」「忍耐力」「柔軟性」「楽観主義」が
問われる時代はないと思います
そこに、これからの残酷極まりない世界で生き延びるかどうかの勝負がかかっています
あるいは、魂的には早死したっていいわけですが、魂として十分に生きられるかどうかの
生き方の質がかかっています
もう社会全体レベルで変わるとか、地球がアセンションするとか
そういう全体レベルでの変容に期待はできないからです

集合的な変化は起きなかった
だから、あとは個人がどう生きるかだけです

今回のエマニュエルのメッセージは
今回のコロナを全く予見できておらず
(私は今年の初め、今年はネガティブなエネルギーが長期間人類を悩ますと、予見していました)

それでも、希望と明るさを少しでも与えてくれるものだと思います

(サイトの中に、ウイルスについて書くだけでサイトが重くなるので
しばらくしたらこの文章は削除します)

 January 2020 Energy Forecast
2020年についての予測

2020年は今までとは違う年になるでしょう。それぞれの人生において、また人類全体においても、大いなる変化の時、ターニングポイントになることでしょう。すでに、何かが浮上してきつつあることをあなたは感じていませんか?近年、地球に降り注ぐエネルギーはとてつもなくパワフルで激しくなってきています。今までの70年間と数年の間は、そしてとくに最近は、この地球における幻想は打ち破られ続けてきました。多くの人々はこの地球に来る前に、幻想に生きることを承認してきたのです。

幻想に生きることによって、人々は2元性から学んできました。自分とは一体何者か、ということを忘れて地球にやってくることで、私たちはよりよく自分とは何か、探求できたわけです。宇宙の延長としての自分と人生、自分のしたことが自分に返ってくること、それらは自分の本質を反映しているかどうかは関係なく、自分に跳ね返ってきました。

僕らは自分とは何かを忘れていることによって、本当に素晴らしい自分を見出すことができると、僕らの魂は完全に知っていました。こうしたサイクルは何千年もの間続きました。

そして今、自分とは本当は一体何か、を知る元々あるべき場所に帰る時がようやくやってきたのです。
2020年とは、直線的な僕らの歴史を変える大きなターニングポイントになることでしょう。
僕らは今年、個人も世界も拡大し、ヒーリングが起こり、変化が起こるのを今までにないようなほど変化するのを、生き証人としてみることでしょう。

そうです、今がまさにそれです!今がまさに完全に新しい現実の始まりの時なのです。

カオス、恐れ、分離、崩壊、コントロールなど、今世界に起きていることは僕らを覆っていたヴェイルをはがす役目をするのです。

僕らは、今でもこのヴェイルに覆われたまま、苦難の多い人生を選ぶこともできますし、そこから解放されて新しいパラダイム、平和と完全性と豊かさと自由と愛がすべてにゆきわたるパラダイムを生きる選択をすることもできます。

今巷では大きな恐れや心配、カオスが渦巻いています。そして多くの人のビジョンを見えなくさせています。それら恐れは素晴らしく新しい祝福と変化が今起こりつつあることに、気づかせなくさせてしまっています。

もし、今自分も世界に蔓延するこうしたネガティブにとらわれていると感じるならば、特別な配慮をもって自分に優しく、温かくしてあげてください。そしてあなたは一人ではないと知ってください。恐れさえ尊重して扱ってください、それはただ自分が本当は何を求めているのか教えるためにあるのですから。僕らは普通以上に敏感な存在で、だからこそ、自分の奥底に溜まってしまっている恐れを、見ない感じないようにしていていたいものです。

しかし、それらがあることを認めてしまえばその瞬間から、それは完全に理解され、白日の下にさらされ、それらは僕らの重荷にはその時からならなくなるのです。その代わり、何か非常に特別なことが起こります。より柔らかい感受性が出てきて、恩寵と平和に満ちたステージへと引き戻されることになるのです。

すぐさまあなたは祝福に次ぐ祝福を、安らかで恩恵に満ちたステージから受け止める人生を生きることになります。なぜなら、あなたはもう押しつけがましく分離のある世界に生きていないからです。

これが、今僕らの人生に起こりうる現象です。
今、個人においても世界においても、重く、辛い考えや信念や感情が噴出しているのであれば、それは確実に、普遍的な恩寵の世界へと移行するための自然なプロセスにすぎません。

このネガティブの噴出は必要なことなのです。なぜなら、個人的にも、集合的にも、僕らは、何千年と続いた、本質を忘れる時代を生きる中で、私たちはすっかり古い構造・古い信念・イデオロギー・執着・アイデンティティなどに張り付いてしまっているからです。それらは、そのやり方を決して変えようとはしません。

マインドというものは、変化することを嫌います。マインドそのものが、意味なく消えていくことを恐れているからです。しかし、内的な浄化や探求や成長をしてきた人は、そんなことは起きないと知っているでしょう。
マインドは、祝福や変化への敬意をもって生きることができると学習すれば、より満ち足りたマインドとして、今までに縛られてきたカオスや古いパターンや分離や欠落感などとは無縁に存在できると知るでしょう。

今までに内的な探求と成長をしてきた人は、今顕著に蔓延している古い現実から脱却するためには、まず気づき、が大切であり、そしてどんな感情であれ自分に浮上してきた感情を敬うこと以外にないと、わかるでしょう。

特に体に注目してください、体は、エネルギーをため込む装置なのです。
そして身体は、今までため込んできた古い感情の塊が表面化してきても、それを認め、感じてあげても安全なのだ、と感じることを助けてくれるでしょう。そしてまた、何にも固執しようとしなくていいということも、理解できるようになります。

今こそ自分自身に慈悲を持ち、自分へそして世界へ、愛ある状態でいるときです。それこそ、内なる子供がいつも望んでいることなのです。大人の自分は決して自分を愛してあげようなどと思いません、そのようにすべきだと誰にも教わっていないのです。しかし今、すべては変化していっています。

 

2020年という大きな変革の時

2020年は明らかに私たちは「人類はどこへいくべきか」という呼びかけに対し、大きな変化を経験します。

このような大きな変化が迫られたのは、1300年~1600年、ルネサンス期を含む中世以来のことです。そして今再び、偉大なルネサンス期を迎えるべく、過去100年にわたり私たちは準備してきました。それを、新たな覚醒の時と呼ぶこともできます。僕らの中の個人的な大いなる領域で、うちにおいても外においても、変容を経験することになるでしょう。この時期をスムーズに超える鍵となるのは、柔軟性を持つことと、素晴らしい変化を迎え入れることに開くことです。

今後2030年までの間にやってくることは、何か祝福すべきことへの前触れであり、地球全体にとってもそうです。推し量れないほどの広範囲にとってそうなのです。

僕らの意識において、大きな飛躍が起きるときが来ました。
さて、こうした時期、あなたはどのような自分を表現して見せますか、個人的に、そして世界に対して?

僕らはすでにその兆候を感じているはずです。変化への挑戦の兆候を。それらは僕らを前進させるでしょう。
僕らを前進させるエネルギー、それはすべての細胞、すべての繊維に浸透しているもの、そう、愛です。
僕らは引き続き、愛でもって人を、動物を、生命を愛しているのかと、それらを愛と尊厳と公平性を持って扱っているのかを、社会的問題によって見せつけられるでしょう。

また、ホリスティックヒーリングとクリエイティブアートは、今後2030年までに、世界の中心に位置する行動となります。人々は今まで隠してきたものを解放すべくヒーリングを求めつづけるでしょうし、また創造的な表現を求めるようになります。それによって元気になり、力をつけ、自分が特別な神聖な存在であると気づくためにです。

エネルギーのバランスをとることも大事です。それは愛・平和・喜び・健康・創造的・満足・豊かさ・そしてそれ以上のものを経験することを助けてくれるからです。

2030年までに、すべては変わります。これは、ずっと昔祖先が言ってきたことでもあるのです。次のゴールデンエイジを迎え入れましょう。新しい世界を敬い、愛し、すべての生命を平等にサポートしていきましょう。
平和と愛と慈愛という、心の本来の基軸をとりもどし、愛を許しましょう。

この地球が、人々が健康と元気をとりもどしていくのを受け入れ、自分の本来の姿が源によって開花していくのを受け入れましょう。これらが可能な時期に入りました、そしてその選択ができる今、に僕らはいます。そして、僕らはそれをともに実現していくのです。

 

Emmanuel