ANGEL HEALING GARDEN からの便りTOP20記事アースエンジェル・ライトワーカーの人生と役割エンジェルダイアリー~それでも魂の目的を生きていく地球の変容~新しい地球に生きる天使からのメッセージ

アースエンジェル。ライトワーカー。ウェイシャワー。あなたの番です!

 

【シフトチェンジはまだ続く1】

こんにちは皆さん
以前に、サロンもメニューも方向性も、
より実践的なものに変えていくという宣言記事みたいなもの?
を書きましたが、それ以降もその方向性チェンジは変わっておらず
いかに「知識重視」「思考重視」のスピリチュアルから
おてんばに大草原のローラみたいに生きるスピリチュアルに
変えていこうかと試行錯誤中です
自分の素に戻りたい。
大草原のローラや赤毛のアンみたいにしていたいし
自然体にしていたい
愛情深くてやわらか~で決して怒らない「ヒーラー」なんかにはなれん
私の思いが長い間にこうして積み重なり
あまりに人に理想化されること、
スピリチュアルやヒーラーの世間的イメージから脱却したく
自然体でナチュラルなスピリチュアルへと変容したとも言えます
だから、私の文章も、少しづつ変わっていくと思う
もっと友人に語るようなラフで、率直な文章になると思うし
それが気に入らない人もいるだろうし、世俗的なことも書く。
そもそも世俗的なことがスピリチュアルじゃないなんて思ってないし。
スピリチュアルほど世俗的なものもないし。
でもそれで身近に感じてもらえるなら、
荘厳を装う「ヒーリング何とか」とかにはなる気はない
最近は記事もあまり書いていませんが
記事を書く必要性もあまり感じません
もう文章でスピリチュアルを言っているときではない、
それより、今の地球では
1人でも多くの、本気で行動するライトワーカーが必要です
ヒーラーになること、スピリチュアル教師になること。
そういう意味ではありません
そう言う人は特殊能力を持っているか相当な努力をしてそれを開花させる必要があり
それで生計を立てられる人も1%くらいしかいないでしょう(私の推測)
スピリチュアル=ヒーラー。ヒーリング。
ではありません!
あらゆる分野に「スピリチュアル」の要素や土台、フィロソフィーが必要ということです
単純に言えば、あらゆる分野に愛・調和・自己を愛し大切にすること・主権・創造性・慈愛などが
必要ということです
こうしてブログを作り、ライングループを作っておきながら、記事はあまり書きません、
なんて伝えるのは酷い話かもしれませんが、
現実、読んで語ってその意味論を議論することに
私はもうほとんど意味を感じていません
皆が得意分野で、
スピリチュアルを活かして行動する、プラクティカルが必要という考えは、
もう、長らくこの分野をしてきて、変わりません
おそらく、現在ヒーラーをしている方はすでに…そして
これからヒーラーを目指している方も
いずれは、そのことに気づくでしょう
これは、と思う記事は時々書いていきますが
本質と絶対的に伝えたいことは、すでにブログで
書いたなと思っています
【天使に魅かれる人は、立止らずに天使に向うべし】
ライトワーカー。
アースエンジェル。
ウェイシャワー。
スターシード。聞こえはいいけど、じゃああなたはどれだけ、その神聖な役割のために
努め、工夫し、試行錯誤し、悩み、挫折し、それでも立ち上がり、
夢を実現しようとしていますか?どれだけ、それをするために何度もしつこく言っているように
「浄化」をして重いもの・負担なもの・要らないもの・虚飾である真の自分じゃないものを
振り払い、真の自分を見出す努力をしてきましたか?

ビジョンはありますか?
何に創造性を使いますか?
沸き上がる創造力が感じられますか?
どんなスピリットガイドや高次の存在と繋がっていますか?
何が好きで何が嫌いですか?
どんなにしてもかなえたい夢はありますか?
辛くて長い浄化やアセンション症状を越えていく工夫と忍耐を持つ覚悟はできましたか?
「大勢」の人達とはまるで違った人生を生きることになる、
揶揄されバカにされ普通じゃない扱いを受けても、
地球に必要なもの、一番のものを見失わない忍耐と意思と決意は持てましたか?
これは私が私に対しても問いかけているんです
つまりそれくらい意思が強くて、
強靭でなければライトワーカーとしても機能しない何度も言いますが、ただ黙って瞑想したり本を読んだり講演会に行ったり、
それでその知識でディスカッション大会をするのが「スピリチュアル」でも「ライトワーカー」でも
アースエンジェルでもありません
まっすぐに、自分の心が、情熱が向かうものを行動してください
一般的にライトワーカーには、
勉強したり本を読んだり一人で
深く考えている時間はだいぶ多く必要です
でもそれだけじゃそこまで。
私はこれを、天使から言わされているのです
大天使ガブリエルは、しつこく
「今はもう、立ち上がるべき時なのに、一体何人の魂がこの地球での本当の役割を思い出して
それを始めているでしょうか?うまくやれるかどうか、周りはどう思うかを、日本人は気にしすぎる傾向
があり、それが本来、活躍すべきライトワーカーの数を減らしています。アースエンジェルについても同じです
そればかりか、多くの人々はその言葉の陰に隠れて、ただ言葉酔いをしているだけです。
世界中でいろいろなことが起き、多くの混乱が生まれていますが、立ち上がるべき人は立ち上がっています
特に若い人々にその傾向がみられることはとても良いことです。しかし今30代40代にあるインディゴ世代においても、本来はクリスタル世代をひっぱっていくリーダー的な役割があなた方が思うよりもずっと多くありました。それらはほとんどなされていません。ある意味ではスピリチュアルが非常に商業的なものになり、ある意味ではライトワーカーとは繊細で弱く、瞑想して世界の平和を祈っていればそれですむような言い方が広まってしまった、つまり自己の怠慢を自己肯定するための口実をいくらでも作りだしてきたのです。
しかしライトワーカーであるならば、アースエンジェルであるならば、
あなたが本来勤めるべき役割をやるべきであり
やれなくてもそれを目指すべきであり、行動すべきです。
すべてのライトワーカー、アースエンジェル、ウェイシャワーに役割があるからです

それが見えないのであれば、まだその人は自分の魂に出会っていません

あまりにも多くのライトワーカーが、本来の役割をなげうって
当たりさわりのない「普通のわたし」を生きることを選択したため
クリスタル世代は模範となるものがほとんどないまま手探りで、
世界の前線に出ていって、自分の主権のために主張をし表現をしています
本来インディゴチルドレン世代がやるべきだったことがおざなりになってしまいました
それが全体としてこの地球の波動を下げてどんよりとしており、
どの国も体制に流されるような事態を生んでいます
ライトワーカーの本来の情熱・ビジョン・夢・才能はどこへいったのでしょうか?
それは必ずしもあなた方が思うような「スピリチュアル」なやり方で顕現するわけではありません
しかしその分純粋で、魂から純粋に生まれてきたものは純粋で
世界の波動を変える力を持っています
その力、その情熱、そのハートをどこにやってしまったのでしょうか?
いついつに世界が変わるとか、黄金時代が来るとか、
そういう予想は止めましょう
それより自分のハートと話をしてください
やれる人から今すぐにやり始めてください
あなたにはやるべきことがあります」
―大天使ガブリエルからのチャネリング
これからは実践ありき。
とにかく、自分が「これ」と思うものを
追求・探求していくこと。
そしてそれを学んできたスピリチュアルと融合させること。
そして自分にも周りにも社会にもそれを提供すること。
せっせとそれをやっていくライトワーカーやアースエンジェルが
今一人でも多く必要なのです
私のブログ、サイト、ガーデンに来てくださった方、
宣伝にはなってしまうけど、
どうぞワークショップに参加してください
もし自然やガイアや女神や精霊や、単純に園芸やハーブなどに
興味があるならば、そこから、プラクティカルな方向に向かえます
天使に魅かれる!という方は
セッション受けまくって天使との繋がりとヒーリングの実践を
覚えて習得して、今すぐでも自分だけでなく他の人を癒せる人に
なってください
天使に魅かれる人は、必ず天使とのむずびつきが強いです
天使に魅かれる、その気持ちを矮小化させてしまわないでください
魅かれる人は、必ず天使に呼ばれています
何か天使とすべきことがあるのです
ピンときたものならとにかく、セッションもワークショップも受けまくり
あるいは自分でできると思う人は、
毎日のように天使を探求し天使との繋がりを深め
やれることは全部やってください
本気で天使との共同創造を目指す人は、
欲を言えば、天使のセッションは全部受けてください
…とはいえ魅かれないのに無理してということではありません
それに沢山の人が天使のセッションをしていますから
別に私のセッションじゃなくてもいいのです
合う合わないがあるでしょうし、エンジェルとのつながりは
人によって違います
自分に合うヒーラーを探せばいいのです
そしてある程度は時間をかけてその人から学ぶ
複数の人から学ぶのは大事ですが、
茶道と同じで、最初は1人の先生から
基礎を徹底した方が良いと思います
スピリチュアルジプシーにならないでください
お金かかっても仕方ありません
スピリチュアルなもので安いものなどありません
スピリチュアルなものはタダであるべき、
これは古い魚座の観念です
だったら自分でやってみればよろしい。
ちゃんとお金を払うということは、
ヒーラーがそれに対してかけている労力への敬意です
法外な値段で30分5万円とかは私も驚きますが
それとてその人の勝手。
良いと思うならそれでいいのです
なぜ日本には、ここまでスピリチュアルとお金を
タブーのように扱う人がまだいるのかわかりません
日本では、お金は不浄なものという昔ながらの
観念が抜けません
これもアセンションの遅れにつながっているでしょう
関係ないように見えるけど
結局何を理想言ったって、誰だってお金が大事。
お金を儲けようという意図も胡散臭いけど、
お金をいっさいもらわないのも胡散臭く、
清貧でこそ正しいなんてやせ我慢みたいな
不誠実さには辟易します
沢山お客さんゲットして沢山儲けるとかそういことではなく、
やってもらったことに対しただ敬意と愛を返すのがお金です
お金だって愛なんですよ
お金は愛。
もう一度言いましょうか?
お金は愛です。
お金を敵視している人、不浄とみなしている人は
自分を愛していませんし
誰も愛していませんし、自分も誰も尊重していません
天使に魅かれる、
スピリチュアルな何かに魅かれる、
スピリチュアルでなくても、とにかく「私にはこれだ!」という何かに魅かれる。
そういう時、高くついても自分に対して使うお金は自分への愛、
それは自分の魂がもとめるものへの本当の投資です
自分の魂の目的のためのそれも一つの行動なのです
お金がもったいないという理由で
いろいろ抑えてしまうのは止めてください
やれることは全部やってください
私なんか自分の浄化にフラワーエッセンス100本は使ってます
まだ使っているから1000本になるかもね
でもだからこそフラワーエッセンスのあらゆることがわかり
フラワーエッセンスのプラクティショナーになれたのです
そこでケチっていたら
タダの中途半端ですよ
そして一番強調したいことは
せっかく天使に魅かれているのに
「自信がない」という理由で
途中であきらめない、やる前から諦めないでください
天使も要請しているように
「スピリチュアルレベルの意識と波動を持った
普通に生きられる人、あらゆる分野で活躍する人」
が今最高に求められています
皆さんも知っていますよね?
今の地球がどうなっちゃっているのかを?
天使が警告を出すのも良く分かります
天使のヒーリングをするのは
それは長い修練が必要です
努力が続かないので
できる人は1%くらいしかいないでしょう
だから自分への投資も含め
わき目も降らずに努力しそれに集中する覚悟が必要です
でもとにかくね、ここぞとばかり正論を言いながら、
営業しているんじゃないよ!
先にも言ったように、セッションもワークショップも、学習方法も
合う合わないがある。
でも、私が気にしているのは、
「魅かれているのに」立ち止まってしまう人。諦めてしまう人。自信がなくやめてしまう人。
必要なら、これが私なんだという心の衝動があるなら、
たゆまぬ覚悟でお金もかけて
ヒーラーになる道、プラクティショナーになる道を歩む
その1つ1つが行動です
どんなに小さなものでもね
小さな行動がすごく大きな宇宙的行動だったりします
そんなわけで、もうスピリチュアル本を読んで
ああだのこうだの考えている時期は終わりにしませんか?
今後の私は、やっぱりプラクティカルな方向に行くと思います
秋分から正月までは
新しいエネルギーを受け止めてそれを自分のものにするときです
変化も激しいですが
その分やろうと思うことが観えてきたり
大きなシフトチェンジが来やすい時でもあります
どうぞ行動してください
スピリチュアルの前でもじもじしてるのは、もうやめよーよ。
ライトワーカー、アースエンジェル、ウェイシャワーとして
何かしよう、この地球と、この自分にできることを。
読んだ本のことなんか聞きたくありません
さあ、どんな行動を起こしてどんな奇跡の体験をしましたか?
それを聞かせてください
  【シフトチェンジはまだ続く2】
スピリチュアルといっても、
プラクティカルに生きたいし
プラクティカルな方向に行きたい。
そんな風に考えている折
私の経歴を見て新しくできる女性マガジンのライターに
スカウトされました
書いてほしいのは「オーガニックな暮らし」。
「スピリチュアル」ではありませんが
元々から自分の専門分野であり
これから仕事でも生活でももっと
強化しようと思っていたことでもあります
それでもともと書くことが好きな私は
この仕事に夢中になりました
とにかく面白すぎる
そして、こう言うことの方が
多くの人には受け入れやすいのかなと思いました
いきなり「天使」「アセンション」「アセンテッドマスター」などなど。。。
こういうのって、入りにくいのかも。。
でもオーガニックに生きるって、地球・ガイアと繋がること
こういう入り口の方が、多くの人は入りやすいのだと思った
これからもこういう仕事はやっていきたいと思っています
南米のアマゾンが燃えだしてから
ほんとに自分の本来の専門に還ろうとしているのですが
こうした機会も
その流れから来たのかもしれません
これからは、ディープにスピリチュアルなものを提供しつつも
ライトにスピリチュアルな、一見スピでもないような
そういうナチュラルなものを提供することを
考えています
もともとは、スピリチュアル=ナチュラル
ですから。