TOP20記事 さまざまなお知らせ どれを受ければいいですか?セッションQ&A はじめに アースエンジェル・ライトワーカーの皆さんへ スピリチュアルセルフケア ナチュラルヒーリング&ナチュラルセラピー ライトボディ/スピリチュアルボディの変化と進化 地球・個人の変容とアセンション 天使からのメッセージ

ラインでの交流についての改定についてお知らせ/ラインで人と交流することについて

みなさんこんにちは
今回は去年から始めていたライン個人アカウントでの交流と友達申請について、改定を行いたいと思いますので、どうぞご協力をお願いします

また、いつもの通り、なぜラインの交流を見直すべきだと思ったのかを赤裸々に正直に
語らせていただきたく思います。厳しいようですが、本気の気持ちなので、ぜひお目を通していただければ
ありがたいです。

 

そもそもなぜラインの
個人アカウントを公開に踏み切ったか?

もともとラインの個人アカウントでの交流を思いついたのは、それしか他に
不特定多数の方々と出会い話語る機会を持てる場がなかったからです

今までにやってきたフェイスブック、ツイッター、インスタグラムはいずれも
人と人とを結びつける純粋なツールではなく、
人から金をまきあげる巨大宣伝産業になり、
一方で庶民は、皆がいいね!と承認欲求を満たすためにフォロワーを増やすための
代行ビジネスなども世界的に多くなり、何が何だか分からなくなってきた

非常にヘイトスピーチが増えてきたこと、自慢大会ばかりしていて本質的な語り合いなど
まるでないことに、疲れて、すべてのアカウントをやめました

そして、ライン@にも挑戦しましたが、これも何かを書いても何も誰も反応がないことに
正直、孤独とむなしさを感じるようになりました

ライン@で本当に、人と人とが繋がれるようになるのだろうか?
とてもそうは思えなかったので、今度は即決でさっさと撤退しました

それでも、人と繋がって行きたい
一番の理由は、自分がこうして魂こめてすごいエネルギーも込めて書いている毎回の記事について
何の反応もないということが、苦しかったからです

そう、苦しいですよ、こういうことは。一生懸命に書いているのに、誰にもないも言われないということは。
やっている人にしかわからないことですが、人は一生懸命にやったならそれなりにエールを送ってほしい、
意見を聞かせてほしい、言葉をかわしたい、読んでいる人がどんな人か知りたい、読んでいる人と交流したい、

と思うものです

 

ラインのグループチャットに入って見えるもの

今私はラインのグループチャットにいくつか入っていますが、そこで発言することも、人によっては
とても勇気がいることで、誰かに書いたことへの反応や意見やレスがなければ、
それだけで傷ついてやめていく人は、毎日耐えません

それだけ、SNS上での無視、というのは、辛いものです
それは研究でも明らかにされているようで、
無視というのは、暴力を受けるときと同じ痛みを脳が感じるそうです

私は、無視は暴力だと思っていますし、実際に暴力やいじめと認められているますよね

私は無視という言葉が実は一番嫌いなんです。だからここに書いているだけでも正直辛いです

だから、ラインのチャットグループに入っているけど、
なるべく誰かが本気でコメントしていたら、何かはレスや反応を送るようにしていますね
それでも忙しいから見逃すことはあるけど、なるべくそうしたいです
本人はそれを望んでいる、少なくとも、誠実に書いている人には答えたいです
誰も反応しないかなしさを、知っているからです

 

現代人は面倒くさいけど大切で本質なことよりも
軽くてラクで自分が損しないものをまっさきに選びます。
その結果が今の世界の状況に反映されていますし、
SNSでの絶えまないいじめや嫌がらせ、そうでなくても
心無い言動につながっていて、世界に無数の心の傷を生んでいます

 

そしてラインの個人アカウント公開に行きつく

さて話は長くなりましたが、
私はライン@にとてつもない虚しさと寂しさを感じて、やりきれなくなってきました

まあもともと企業のお知らせのための機能だし、メルマガと同じものですから、
交流を期待することは間違っているのかもしれないのですが、
それにしても、きちんと個々人との交流機能はついているんですよね。。。
これが、やっかいでした
ただのメルマガでしかないのであれば、むしろずっと楽だったのでしょうが
感想を送ったり、個人ともプライベートにやりとりできるようになっていたので
中途半端な期待を持たせる機能がついていましたのでいちいちそれが気になるのです

そこで、ライン@をやめた私は、最後の手段として、
自分の個人ラインアカウントを公開し、ここでできる限りの交流をしていこうと
考えました。もう残された道は、それしかなかったのです。

正直、個人アカウントを公式に公開して、公式な仕事のやり取りに使うということには
抵抗も、また反発もあるだろうと思っていました

私の個人的な趣向が丸見えだし、個人としての自分を守れない脆さもあります

しかし、今までとは違い、ラインの個人アカウントに特に期待をしていなかったために
ここで作ったグループは、私にとって一番やりやすく、楽なものとなりました

何せ参加者が少ないので、最初から誰にも期待せずにいられるし
誰かが何かを書いてくれればとてもうれしい

それに、自分を本当に信頼してくれている人しか基本いないので
私も安心して書けます

それでも、なぜ参加しているのか、どういう人なのか、まったく反応も何もない人もいて
そういう人はいつか幽霊のようにやめていくことは、今までのいろいろな活動の経験上わかっています

 

ラインの個人アカウントを公開して
良かったこと・嫌なこと

しかし、問題がなかったわけではありませんでした
それはやはり、私が無防備に個人アカウントを公開するという大胆なことをしたことと、その参加や友達申請について、明確なルールを決めてこなかったことに責任があります

私は人との繋がりや語り合いばかりを求めるあまり、あまりリスク管理をかんがえていませんでした
そこで、やはり、一体何を考え、何を持ってして友達申請してくるのかわからない人がたくさんいました

それでも、最初はというか今までずっと、あまり深く考えもせず、自分と交流してくれるつもりなんだなと、
嬉しいばかりに次々と友達申請を承認していきました

そして、「友達」は増えていきました
一瞬、友達が多い、とても充実した人間関係をもっているかのような錯覚になるくらいに。

しかし、その一方で、先にも書きましたが、

なぜ私に友達申請してくるのか?
なぜ友達申請してくるのに、実際には何の交流もコミュニケーションもしないのか?
なぜあいさつの一言もないのか?
この人たちは、一体どういう人物なのか?

という「謎の人物」と言うべき人々があっという間に増えていきました
そして、よく考えれば、もう1年近く既読になっていない人、返信もあいさつもないひとが
沢山いることもわかりました

最初は愛想よく、スピリチュアルに興味があるとか、あなたの記事に感銘したとか
書いているのですが、それきり、何も言ってこないし、こっちが書いてもレスはありません

また、承認しただけで、まったく何も一言も書いてこない人々もいました

 

写真公開をしていないアカウントには気を付けよう

そういう人達にある意味共通しているものがあります
これは、いくつもの活動を世界レベルでやってきて思う私なりの結論なんですが、

気を付けるべき危険の高い、リスクの高い人達とは、
写真の部分がない人達。

何でもいいから写真を張り付けてそれを一種のアイデンティティとしている人達は

まだ安心できますが、何の写真も載せていない人と言うのは、

確率として後から問題を起こしたり
クレーマーになりやすいので、これからどんな仕事であれ、ヒーリングであれ、起業したい方は
そういうアカウントには気を付けたほうがいいです

こういう写真がない人というのは、フェイスブックにもインスタグラムにもいましたが
交流して良かったことは一度もありません。

むしろ、一切の個人情報を隠していることに安心して
悪口やクレームを言ってくるか、何らかの情報取引に使っている場合などが多いです

もともと、コミュニケーションを大切にしようなどとは思っていないのです
そして、写真が抜けているというのは、それだけ内部でごちゃごちゃと怪しいことをしているのか、

自分自身の内部が混乱している、自分がない人が多いというか100%そうと言い切れます(経験上)

あるいはそれだけ自信がなく、
自分がわからない・見えない・自己アイデンティティがない、ということでもあります

どんな下手な絵でも写真でもいいから、
その辺のフリー写真でもいいから、個人アカウントを作る場合は、
何らかのアイデンティティを表現するために写真は載せたほうがいいし、
そのほうが開いても安心します

個人写真もないし、背景写真もない人には気を付けてください

さて、そんなリスクがありながらも公開続けてきたライン個人アカウントでしたが、
今回、見直しをすることに決めました

それには、美容学校でのフェイスブックアカウントでの経験などが大きいのですが、

やっぱり、個人アカウントを安易に公開するのは、
特に今のコロナで全世界がイライライライラむしゃくしゃ
している中では、避けて通りたい、と改めて思うようになったのです

 

でも、今のグループは、意見活発というわけではないけど、小さくまとまっていて
私には運営していて、安心できて楽です。また、そういう安心できて楽な付き合いのできる方々と出会えるなら
このまま個人アカウントを公開していたいと思うのです

よって、私は改めてルールを決めました
思えば、ルールを決めずに個人アカウントを
公開した自分がいけなかったのです

これは完全に私のリスク管理のなさであり、完全に私の責任です

これによって、私の個人アカウントにつながるということがどういうことか
わからずにご連絡いただき、その結果どうしていいのかわからなくなった、という方には
改めてお詫び申し上げます。本当に、紛らわしい方策をとってしまいすみませんでした。

 

 

よって、新しいラインルールを決めさせていただきたいと思います

 

~ラインの個人アカウントにアクセスしてくださる際のお願い~

私の個人アカウントでお友達申請をする場合には以下に留意してくださるようお願いします

1.便宜上、個人アカウントを公開し、個人アカウントで繋がることになりますが、形態上は「友達」でも
実際に友達になるための申請ではないので、ご注意ください。

もともとは、以下に該当される方々が、個人アカウントで友達になる条件です。

①もともとからの長い付き合いのクライアントさんで、
やり取りをするのにラインが便利だから使っている

②あったことはないがサロンの内容に興味があるので友達申請された方は、基本グループに入って情報共有することを友達申請の条件とさせていただきます。

私は今、会ったこともなければなぜ友達申請したのかもよくわからない方に個々人にメールを書いて、
個人的やり取りをする時間もなければ、最初からそのつもりで公開しているアカウントではありません。

友達申請される方は、サロンの情報にご興味があってのことだと思いますので、真剣に情報共有をするお気持も
あられることだろうと思います。よって、そのためにグループに参加してください。

そして、私のほうへ、少なくとも一度きちんとした自己紹介をお送りいただき、何をしたくて、何に興味があって友達申請したのかお伝えください。ただ一言だけ書いていたり、よくわからない

「こんちわー」

「よろしくぴょん」

「スピ好きです」

「あの記事よかったよ」

などなどのメールをいただいても、厳しいですがこちらとしては真剣に自己紹介とみなすことは今後できませんことご了承ください。

 

③グループに入ることは遠慮したいが、サロンの内容には興味があるという方は、ただ一方的に私のメールを待っているのではなく、いつ何をどうして受けたいのか、きちんと問いあわせと自己紹介をしてください。私との個人的やりとり、コミュニケーション、自分からのアクセス、語り合いを大事にしていただけませんか? 

 

それもない方は、冷やかしとしてみなし、友達削除させていただきます。こうした方があまりにも多く、いざこちらが逆に問い合わせしても何も言ってこない。もうそういうお付き合いはいりません。

また、単に一瞬の気まぐれで「スピリチュアルの記事に興味あって~」とか、そのようなノリの方もお断りさせていただきます。そのような方々も、その「ノリ」が冷めると連絡がなくなるからです。

私は、例え個人アカウント内であっても、本当に個人の友人と、サロンに親しんでくださるクライアントさんとは、明確に分けて考えております。確かに、個人アカウントですから普通の友人もいますし、長い付き合いになってくると、友人や同士のような仲の良いクライアントさんも沢山います。

でも基本的に各サイトや名刺を見てラインにアクセスしてくださった方は、
セッションを始め、サロンの活動に興味があり、
その件について真剣に具体的に話をしたい方か、
もしくは今後一緒に何かの活動をするパートナーとなる方、なる希望のある方だけに限定させてくださいませ。

 

具体的には、

セッション・ワークショップ・お茶会・練習会・ガーデニングクラブ・カンフーレッスンなどに
今、また将来参加する予定がある、興味があるという方の友達申請のみを許可させていただきます。

また、その後も、ずっと半年以上既読にならない方や、反応のない方も、こちらからは特に告知することなく削除させていただきます。もちろん不審な動きがあった場合にも、削除させていただきます

 

もちろん、一度はサロンの活動内容に興味があり、ラインで繋がると決めたものの、
セッションが良くなかったとか、何らかのご不満がある場合は、
私に断りなく友達削除してくださって構いません。

そしてまた、いつか違うタイミングで何らかの活動にご参加の興味がわけば、
再度ライン申請をしていただければと思います。

私は、コミュニケーションをおろそかにすることに否定的なだけであって、
興味がない方々をつなぎとめておきたいとは思っていませんし、
削除されたからといって怒りはしません

私が怒っているのは、いい加減に申請していい加減なコミュニケーションしかしない人達です
もし本当に何かしたい、何か受けたい、何か一緒にやることがあるなら、
もっときちんとした自己紹介があり、こちらが送れば何か反応してくるでしょう
それがすべてが適当か無視、という方です
なぜそうした人達を、自分の個人アカウントに歓迎できるでしょうか?

ですから、何か違うな、という方は、別にこちらは怒りも何もないので、
好きな服がなかったからお店を出るように、
気軽に友達削除していただければと思います。

ただ、すでにセッションやワークショップに参加しているとか、
参加する予定になっている方はご一報ください。
他の仲間にも迷惑をかけることになるので、
そこはきちんと社会人としてのマナーを守っていただくようお願いします。

 

友達申請は友達になることではなく、
共に生きるための一歩です

最初から友達気分で、承認されるといきなりため後で写真を送ってきたり、
個人的悩みを打ち明けられたりすることがずっと続いていますが、

基本、友達になるための個人アカウント公開ではないので、
そのようなプライベートなやりとりはお断りいたします。

このラインの個人アカウントを公開した最大の目的は、皆さんとの交流でした。
でもそれは、記事を中心に、その内容をディスカッションしてともに成長していきたいという意味です

 

できる限り、個人へ向けてのメッセージを書かせていただいておりますが、

それは私に対しても、誠実で明らかなその方の心からの言葉で書いたメールをくださり、
コミュニケーションを大事にしたお付き合いがすでにあり、
個人的なことも話せるくらい親しくなるほど長い付き合いがあり、
お話を直接できる方に限らせていただいております。

それは、贔屓じゃないかという考えもあるかもしれませんが、
ひいきではなくて、自然にそうなるものなだけです
誰だって、長く付き合いがあり、信頼しあえて、必要としあえて、
大切だとお互いに思い、良い話ができる相手とは
話が長くなるし、個人的にもなるし、親密になっていきますよね?

別に区別しているとか、特別視している人は誰もいません
自然な仲間としてそうなるだけです

でもちゃんと友達とクライアントさんとの境界線というのは、
いつでも引いています

それを、スピリチュアルサロンに興味があり、ラインでいきなり「友達」になったからといって、
私からあなたへ、何か特別な個人的な内容のメールをお送りすることはありませんし、
媚びるように友達感覚のメールをすることもないし、
そのようなメールをいただくつもりもありません。

 

また、グループに入りたくないという方には、申し訳ありませんが基本的には個人向けにお知らせを一斉送信させていただいております。もともとこれは、ライングループでのやり取りのために個人アカウントを公開しているので、個人的におしゃべりするとか、一人一人に特別メッセージを送るためではありません。どうぞ予めご了承ください。

 

大事なのは、コミュニケーションを大事にすること、
それに尽きます。

個人アカウントでお互い気持ちよく、上手に付き合っていくには、ルールとコツが必要です。

まず、やはりなぜ個人アカウントを公開しているのか明確にしておかなければなりませんでしたね。
それは上記に書いた通りです。

また、相手のことを思いやり、コミュニケーションをとること。
とかくヒーラーを相手にする場合は、どうしてもクライアントさんの側に立つ方は「待ち」の姿勢でいることが多いです。何もしなくてもやさしい言葉でもかけてくれるだろうとか、またここでヒーラーへの「理想化」神聖化がはじまります。そして、一方的に自分を棚にあげてやさしくされること、メールが来ること、愛をもらうことを期待して待っています。また、セッションやヒーリングを受けているわけでもないのに、集客一番と思ってアカウント公開をしているのだろうと考えている人は、最初からものの言い方が、上から目線です。

それでも、ヒーラーはただの人間です。ゲスの極みの存在です、と何度も申し下げていますよね。
もう、いい加減目を覚ましてください。自分を癒すのは最終的にはあなたです。人をあてにしないで。

そして、メールを実際に送れば送ったで、ただ読むだけでスルー。
何であれ、最低でもメールが来たら、スタンプでも何でもいいので挨拶を返してください。

一斉送信メールなんかに返信できないというクレームがありましたが、
でしたらさっさと私を削除してください

どう考えても、この忙しい中で、よく知らないし自分からも挨拶もろくにしないような人に
長く親密で意味深いメールなど1通1通送っていくことなどできないしそんな時間ありません
それに一斉送信のメールだって、書くのに時間がどれほどかかるか・・・
そういう想像も配慮もない方は、お付き合いやめましょう。

繰り返しますが、もともと個人アカウントを公開したのは、
ライングループを作って小さくてもそこで会話対話、情報共有をしていくためです。
個人的にやり取りをするため、ましてや、個人的メッセージを送り、
あなたを私がケアしてあげるためではありません。

 

どんな小さなコミュニケーションでも、
それを大事にする方々とは将来的にはうまくいきますし長続きします。

そして、最高にその方にあった一番のセッションやヒーリングが実現します。それは、ヒーラーとクライアントとの長い、信頼関係の上にあるものであって、いきなり奇跡などスピリチュアルにはありません。

 

あなたがスピリチュアルから何かを得たいなら、あなたがスピリチュアルに何かを返してください。
何かをはたらきかけてください。

何をいってもただ既読で気づけば何年もろくに話をしていないという関係は、
やがて、誤解・無理解・不満などがたまって、相手は怒りだしたり、クレーマーと化し、
その人といいあう羽目になります。

申し訳ございませんが私は今クレーマーと争っている暇さえないので、
そういう方は、もっと自分を見つめてくれて、
自分だけにラブレターを送ってくれるようなヒーラーさんを探してください。
そういう人は、たぶんこの地球にいませんから、宇宙にいくしかないでしょうが。
まあ、宇宙にもいませんけど。つまり、自分の中にしかないのです、自分を満足させられるものなど。

 

怒りをぶつけてくる人は、
スピリチュアルではなく、
愛を渇望しているだけ

そういうわけで、私はもう連絡がない人や、正体不明の人を次々削除させていただきました。
一応一報は書きましたが、それさえ、読んでいないような人も多いので、すでに存在しないのだと思います

ただその中で、怒りをあらわにしてきた方がいました。

私がただのコピペしたメールを送ってくるだけで、それに何を返信しろというのですか?
あなたのおかげでスピリチュアルの影の部分が見えました。

とかなんとか、怒りのエネルギーで送ってきましたし、今でもその人は怒りのエネルギーを出しています
その怒りは結局その人に跳ね返るのですが、こういう人は実に、皆傾向が同じです

まず、先にも書いたように、人が送ったものには、例え一斉送信であれ、
何らかの返事、受け取ったという合図を出すのは人として
礼儀であるし、マナーでしょう
そういう礼儀さえなくて当然になっている社会自体が、すでに人間関係がいかに希薄かということです

しかも、その方から私は何ら特別にメールをいただいたことはありません
自己紹介もなく、ろくろくその人を知りません、仕事でもかかわったことはありません
何のために出現したのか、今だにわからないのが実情です

その方もまた、ただ何となく友達申請して、あとはほとんど忘れていたというのが
実情ではないでしょうか。

それで、怒りに任せてスピリチュアルの影の部分だかなんだかが、私のおかげで見えたと
書いていましたが、

スピリチュアルの影の部分は、その人自身なんです。
もうちょっと、自分をしっかり洞察してからいいましょう。

自分が人に期待し、自分が愛されたいのに答えてもらえない、
自分が振り向いてもらいたいのに誰も愛してくれない、そういう気づいていない
不満という暗い影を、私に投影してるだけなんです

大体、スピリチュアルにまつわることで怒りや憎しみ、恨み、またヒーラーへの不満をぶつけてくる人や文句や暴言を言う人達は共通しています

自分に自信がない
つまり、自分を愛していない
愛がない、愛が極端に欠如しています
だからこそ辛くて、スピリチュアルに答えを見出そうとか、
スピリチュアルヒーラーに頼ろうとするのですが
そこでも同じように、期待外れのことが起こり、
また怒り、また違うもっともっと素晴らしいヒーラーを探し歩いていくジプシーとなります

彼らの傾向は大昔からいつも同じです

愛が欲しいためにスピリチュアルにはまる。
気に入ったヒーラーができると崇拝し、褒めに褒め称える。
でも欲しい愛が得られないことがわかると突然褒め称えていたヒーラーを敵にまわす。
そしてすべてをヒーラーのせいにして文句をいい、キレてどこかまた別の偽聖母マリア様を探して
さまよう・・・

そこには、ヒーラーもまた大変な思いをしながらそれぞれ生きていて
その中で最大限のことをしようとしているんだという配慮や想像はありません

自分しか見えていないんですね、自分の暗い塊、つまり影のような憎しみの塊
それは実はヒーラーではなく、もっともっと昔からあるその人の愛の欠如と愛への渇望、
愛が得られなかった傷からきています

 

ただ単に愛が欲しいという人は、
スピリチュアルな厳しい道には合いません

まだそれには早すぎるので、もっと基本的な
インナーチャイルドセラピーから受けてください
ラインも、お断りさせていただきます

それを怒りや憎しみ、文句などで出す人は、
自分はどうもいつもヒーラー巡りをしていて、どこにも落ち着かない、
いつも理想と違うといって怒っているような方は、

スピリチュアルヒーラーではなく、しかるべき心理的なカウンセリングを受けることをお勧めします

そうじゃないと、これからもずっと怒りと恨みつらみのエネルギーが膨らんでいくか、
逆に、自分を超神聖化してくれるヘンな団体に引っ張られるかです

今まで沢山の人を見てきましたが、こうした人々は100%このどちらかになります

つまり、何が言いたいのかというと、スピリチュアルなんてそういう人にはどうでもいいのですよ
愛が欲しいだけなんです

そういう人には、スピリチュアルは向かないです
何度も言ってきましたが

ですから、そういう方とラインで繋がることはもちろん、無理です
そして、私には支えきれないから、お断りさせていただきます

私はこれから、従来のスピリチュアルサロンオーナーとしてだけではなく
他の仕事もいろいろとやっていくつもりでいて、
いわゆる今までしてきたスピリチュアルな部分は削っていこうと思っています
あるいは、本当に自分との関係を大事にしてくれる方々の身に、
アースエンジェルとしてのいろいろな技法を伝授して、活躍を応援する側になりたいと思っています

いわゆる、ヒーラーというものはやめたんです
どちらかと言うと、スピリチュアルな分野の一部を教えるイントラです

だから、本気で、アースエンジェルとして活躍していきたい人のために
サロンもガーデンもあります

愛が欲しいと悶え、吠えて、怒っている人は、しかるべきところへ行って
どうやったら自分に愛が満たされて、もっと人を愛せるのだろうかと考えてください

 

ラインの改定は、サロンの変容でもある

今回、もうだれでもスピリチュアルなことに興味のある人は歓迎、というあり方から、
ある程度人間関係や自分と向き合うことに熱心で、人のことも思いやれる、コミュニケーションを大事に
出来る方に、お付き合いを限定させていただくことにしたのは、サロンそのものの変化の表明でもあります

私はクライアントはカネさえあれば誰でもいい、お金になるなら誰でも受付、集客一番、嫌みを言われても耐えてヘンなお客にも耐えて、とかそういう意味でのヒーラーでありたくないし、これで食べていこうとか思っていなくてすっかり仕事もシフトしているので、今すぐサロンをやめてもいいと思っています

それでもやっているのは、やはりこの仕事のやりがいと、使命感からです
アースエンジェルを1人でも多く応援できるようなことをしたい。

だから、本気で、アースエンジェルであろうとする人、なろうとする人、
アースエンジェルとしての資質と才能がある人々の、サロンであり、

誰でもなんでもかんでもやります、受け入れます、みたいな
一昔の私のやり方はすっかり終わっています

ですので、そんな私と意気投合できそうだ、
自分は本当にアースエンジェルとして活躍していきたい、
輝く魂として活躍したいと思う方、歓迎です

ラインもまた、そのような人々との出会いと繋がりのために
維持していこうと思います

よろしくお願いします

 

You may also like...