新生地球を迎える日④

!butterfly

アセンションとは何でしょうか?

それはさなぎが脱皮して蝶になるようなもの
本当の輝き、生命の輝き、きらめきに出会うための歩み

スピリチュアルなことについて、あるいはヒーリングのプロセスについて、私がよく使う言葉の一つは「物事には順序がある、あるいは段階がある」ということです。アセンションや地球・個人の変容についても同じことが言えます

段階や各ステージがあるため、変容の時代と言っても皆が一度に同じ体験をするのではなく、「今いるステージ」は皆違うのでそれが違えば、見えてくるもの・味わうことが全然違う。これが変容期の地球の現実です

皆が影響を受けているのに、「経験すること認知すること、感じることはそれぞれいるステージでまったく違う」のです

よって、5次元に入ったとライトワーカーが騒いでいる、そりゃ一体なんじゃこりゃって思う人は思うし、「まさにそうだ!その通り!」っていう人もいるだろうし、私の書いていることでツボにはまるようにまさにシンクロってこともあれば全くちんプンかんぷんってこともあると思います。

さらに言えば、「アセンション」とか「ライトワーカー」あるいはもっと専門的なスピリチュアルな言葉はそれ自体エネルギーで、
それらを受けとめるように開いていなければ(あるいは開く準備が出来ていなければ)ただ怪しいと感じるか、拒否したくなるものです。スピリチュアルな言葉は、それ自体受けとめる霊的なパケットが細胞レベルでも開花していなければ
自分の中に「響き」が起きてこないものです。逆に霊的に開かれていると「ああやっと自分に起きている事柄に対するしっくりくる”答え”に出会えた!これなんだよな!巡り合えた!」という、ハートレベルでの安心や納得感が生まれます

ただし、どのステージにいるから偉いとか、遅れているとかは全くありません

大事なのは、今どのプロセスを通過中であろうとも、2013年から始まり、この2015年9月を本格的シフトの時期としてさらに始まったこの変容の波に乗って行こうと決意するのか、しないのかは人として地球で生きていく中で重要な分かれ道であるという認識です。そして、その過程はどんな風であろうとも、自分で乗り越えていかなくてはなりません。アセンションは自ら選び取り、自ら果敢に歩んでいくものです

ここでこのスピリチュアルな変容のプロセスの過程について、主だったものを書いてみます
これは必ずしも直線的ではありません。また、これが唯一の観方でもないし、どのプロセスにいるから自分は誰は進んでいるとか遅れているとかいうことも一切ないです。すべての魂にとって歩いていく道すじは違います。その都度、すべきことも違いますし転生の目的が違います。カルマも違うし、今世で何を手放すべきか、何を学ぶつもりでいるかでも、経験することは微妙に皆違うでしょう。そもそもアセンションのプロセスというのはそれぞれで定義しようがないですが、アセンションによる変容とシフトの時期には、大まかにいってこのようなプロセスがあります。

しかし、自分はこんな感じだ今ここにいるかも、という確認のために使っていただければと思います。

1. Spiritual awakening process 自らの魂に目覚める時

「自分はなぜ生まれたのか?自分は本当は魂なのかな?」ということを考え始める時です。多くは苦しい体験によって目が覚まさせられます「神様、一体私が何をしたっていうんですか?なぜ私がこんなことを体験しなきゃいけないんですか?」と天に向かって叫び、じゃあ私がここにいるのは何でだろうと真剣に考え始める時です

 2.Spiritual quest, soul quest私の魂とは何か、なぜ生まれてきたのか、をひたすら探究する時期

天に向かってオレって何か!?と叫ぶ時は過ぎ、ひたすらに真実の自己、真実の在り方、そもそも真実ってなんだってことを探り続ける時。旅をしたり瞑想したりかたっぱしからスピリチュアルな本を読みまくり、ヒーラーを追いかけ、情報を集めますが、
結局は自分自身の中にしか答えはないことを発見し、自己への探究に入ります。心身共に浄化が必要であると気付き、インナーチャイルドの癒しや家族関係の癒しを積極的に始める時です。

3. Healing, clearing, releasing 解放と浄化のプロセス

ありとあらゆる自分自身のクリアリング、癒し、浄化と解放が必要なんだと気付き、それが人生の主題になります。今まで蓋をしてきたいろんなことが見えてきたり、会社や家族との人間関係が悪くなったりリリースされたり、あらゆるマイナス感情と向きあわなければならず、ひたすらつらいですがなぜか取り組まなければならないという強い意志に導かれて解放をし続けます

 4. Spiritual growth&healing
スピリチュアルな成長と浄化が交互にやってくるプロセス

この頃になると、浄化のプロセスと成長のプロセスが交互にやってきます。自分が魂であったことを疑うことはもうなくなり、
ソウルセルフの自分にアクセスしてセンタリングできるようになっています。エネルギーとしての自分を感じ、チャクラの浄化と強化はすでに自分で出来るようになっています。自分が何のために生まれて何をしたいのか、もっと明確になってきます。
自分はやることがあるからここにいるのだという感覚が芽生えてきます。この頃から、先に書いたアセンション症状が本格的に始まります(いつか詳しいことは後述します)

5.Ascention process
霊的に成長しエネルギーバイブレーションが上昇しつづける

ここまでクリアリングしていくと、霊的な自分はあらゆる自己の中心になってきます。魂以上の何か、つまりスピリットが視野に入ってきます。大いなる自己、大いなる一体性、すべてなるもの、ワンネスとしての自分を追いかけるようになります。浄化はまだまだ起こり、そのスピードが加速して、それに伴って成長だけでなく実際に変容が開始されます。人間という物体ではなく、魂、スピリットの自己としての自覚が出来、スピリチュアルな知覚と能力が自分の転生に従って開花されていきます。高次のエネルギーバイブレーションに入っていくため重い古い波動を脱ぎ捨てていく過程で、アセンション症状、変異症状が次々出てきます。

6.Lightbody process ライトボディプロセス

実際に肉体が“光の身体”になっていくプロセスです霊的な拡大成長は目覚ましく起こりつづけ、スピリットのディセンションを何度も体験します。アクシオトーナル循環システムに切り替わり、チャクラは12から15くらいまで開いて活性化し最終的には自然な形で融合チャクラになります。さらに高次のチャクラが開き、またエネルギーフィールドの拡大と成長、あらたなドメインが開いて行きます。細胞が実際にエネルギーや光をどんどん取り入れていきそれを感じそれを有効利用できます5次元から7次元といった、多次元を経験し、マーカバが活動を始めます。すさまじい変容のプロセスであり、ものすごい忍耐が必要です。
だって、私たちのすべての部分が、新しい次元・多次元に開こうとし新しく生まれ変わるのですからまさに、この時蛹が蝶になる時です。産みの苦しみですね・・・この体験は、人や理解あるヒーラーと情報を共有しあい確認しあい共に助け合って生きることで乗り越えて行ける部分だと思います

7.Higher light being through light body and ascention
自分が魂の存在であることを完全に受け入れ
自らの高いバイブレーションと高い意識を自然に抱き、
魂の目的と情熱を生きることがナチュラルになる
そしてそれが最高の至福だと気づく

肉体が光の身体に生まれ変わり、定着する最終段階。この時期この地球を離れるか、まだ残って地球でやるべきことを為していくか決定されます。ここに来ても無限に永遠にライトボディは上昇し続け変容していきます。一度ライドボディがある程度まで変容しきり、新しいエネルギー流と文字通り1つになっていくと今度は人生や体や心に至福が満ちるようになります。そしてここで何をすべきかわかり魂の目的がますます理解できるようになってそれまで眠っていた才能がどんどん開き霊的視野も能力も開花され、地球は自分の夢を果たす「素晴らしいステージ」になって行きます

まだまだ、古い次元古いパラダイム古い自分との格闘はあるでしょうが新しい自分を受け入れることによって、本当の輝きが真の自己からあふれ出します。そして何より、「新しい地球」と波長がぴったり合い新しい地球と完全に調和した自分を生きることになります

自分がどのプロセスにいあるのかは関係ありません。唯一大事なことは、その都度その都度で自分の魂の促しを、スピリットの促しを、導きを、その声を、無視せず聞き逃さず、「私の内なる神聖は今どこに向かわせようとしているのか」を聴くことです。

2015年の9月を越えた今、より多くの人が魂からのウェイクアップコールを聴くでしょう
2016年と2017年も、よりその可能性が増してくると感じています
どうか、スピリットと共に歩んでください!