ANGEL DIARY~今日も天使が私のとなりで

マリエルの特別セッションを終えて、観えてきたこと

こんにちは。初夏からずっと、大天使マリエルおよびミカエル&ジュールズの特別セッションを開催してきましたが、そこで観えてきたこと、感じてきたことを正直に書いてみたいと思います。

マリエルが必要とされている?

大天使マリエルという存在は、私も今年になって知ったばかりです。皆さんもすでにご存じのように、ダイアナ・クーパーの本によって知りました。今では私と天使の距離は、ほとんどなく、天使と私は、同じ領域で生きているようなものです。自分の相方のようなものです。なので、初めて知ったとはいえ、知った瞬間から、すぐにこの天使のエネルギーと繋がっていました。この天使の光線もはっきりわかりました。

でも、セッションにすることは考えることもありませんでした。珍しい天使であることと、ソウルスターチャクラをつかさどるということから、今はまだ時期尚早だと思ったのです。ソウルスターは、やはり基本のチャクラを最初にきれいにしておき、自分がスピリチュアルな道を行くと決意した人ではないと、ちゃんと開いていないのです。ここではっきり言うのも言い難いのですが、セッションを受けて下さる方々の多くは、まだ基本的なチャクラのメンテナンスができておりません。まずは、ベースから、そして、すこしづつ上にあがりハートにやっとたどり着いて、その先のチャクラに進む。そのためには、まだまだ遠い内的なプロセスが必要。と考えられます。多くの方にとっては、今私が行っているラファエルやチャミュエルなどの、「基本的なヒーリングやエンパワメント重視」をしてくれる光線の持ち主と繋がった方がより良いだろうと自分では思っていました。なので、この天使によってソウルスターチャクラを刺激されても、返って刺激がじゃまになるか、受け取れる人があまりいないのではないかと勝手に判断していました。

しかし前回、屋外でのハンズオンセッションワークショップをしたときに、クライアントさんのお1人に対し、なぜか(当初は大天使アリエルのセッションであったにもかかわらず)自然とマリエルのエネルギーがやってきたのです。それは終始つづき、これでいいのだという確かな感触がありました。マリエルの光線が何の役目を果たしていくのかは、よくわかりませんでしたが、それでもただただマゼンタレッド色の美しい艶やかな光が流れていきました。私はそのままにしていました。そして、それ以来この光線を必要とする人がいるに違いない、と確信するようになりました。

実際にセッションを開始してしばらくしてみると、大天使マリエルのセッションへの応募は、日々やってきました。ミカエル&ジュールズをずっと超える数の応募がありました。なぜ、みんなこの珍しい天使に魅かれるのでしょうか?ただたんに珍しいからなのでしょうか?それとも、今、必要とされている何かがこの天使にはあるのでしょうか?

私がずっとセッションを続けてきて思ったことは、この天使を選ぶ人には選ぶ理由がある、ということです。それは本人にも、私にもはっきりとは分からないと思います。いつものことながらスピリチュアルな選択には、人間の意識を超えた何かがあるのだと思います。そして、今この時、マリエルを必要とする人がこのセッションに集ったのだと感じました。それは申し込みされるクライアントさん方のメールからも分かりました。この天使になぜか魅かれるとか、セッションが終わった後の心地よさとか広がりなど、ポジティブな、そして深い関係性を求める声がとても多かったのです。珍しもの好きの人からの申し込みは一つもありませんでした。

前回、とつぜんやってきた大天使セレスティーナの時もそれは実感しました。セレスティーナという極めて珍しい天使に魅かれてこのセッションを受けた人は、この天使と何らかの縁があると。それは、とても不思議な縁です。なんというか、言葉にできないものなのです。魂の琴線にふれる、美しい音のまじりあいのようなもので、「この天使は、このセッションは、こういう目的があるから、じゃあ受けよう」というものではなかったように思いました。セレスティーナの役割は創造性を支えることではありますが、それ以上の、それ以外の目的が、人によってさまざまにあったのだと思います。それが今回のマリエルのセッションでも起こったと思います。

マリエルのエネルギーに触れた人は、マリエルと魂のレベルで接触し、その人固有の何らかの恩恵を底から受け取っていたのだと思います。それは、人によって違います。それは、言葉や思考で理解できるものではありません。でも、感覚や感じ、その後の人生によって、それを解き明かすことはできるかもしれません。

ですから、私がダイアナの本を読んで、ソウルスターチャクラを活性化するとか、魂の目的を生きる力を与えるのだと、「頭や知識で」理解しなくても、判断しなくても、良かったのだと思います。おそらくダイアナが言う以上の何かの役割を、この天使は持っています。そして、それが必要な人に届けられていったのです。

 

それでも、物事には順序がある~大天使マリエルとチャクラのケア

でも、沢山このセッションを行ってみて、最終的な私の判断は、この大天使マリエルのワークを、通常セッションに組み込まない、ということでした。マリエルはセレスティーナ同様、不定期にセッションを行いたいと思います。それは、必要とする人がいる一方で、やはりこの天使の持つエネルギーの特性を観ていると、高いレベルのチャクラを刺激していることが分かってきました。決して、下部チャクラではないと思われます。この天使と特別に深いつながりのある人、ある魂がいます。この天使のエネルギーをとりわけ必要とする魂がいます。けれども、そういう人でも、まずはベースチャクラから浄化し、しっかりと地球に根をおろせるようにしておかなければならないでしょう。この天使と特につながりがある人に限って、多くのエネルギーを受け取って確かに気持ちよくはなるかもしれませんが、あまりこのマリエルのエネルギーばかりを受け取っていると、エネルギー体やチャクラの上部の方ばかりに多くのエネルギーが集まってしまい、かたよってしまい、足元おぼつかなくなる時がくるでしょう。この天使のエネルギーは、まず基本の7つのチャクラをしっかりと「しめる」というか、強化していくことで始めて、意味のある受け取り方ができるのだと考えました。

いつも言っていることですが、物事には順序があります。いきなりこの天使の高いレベルのエネルギーに多くさらされていると、アンバランスになりかねない、と考えたのです。やはり私のセッションの中で、ずっとフルセッションを維持してきたものには、それなりの理由があるのだとマリエルを開催してわかりました。それら既存の大天使セッションや女神、ベーシックなどは、やはり「ベースになるもの」なのです。これらのセッションが最初に私にフルセッション、中心となるセッションとして与えられたわけも、やはりあったのです。(当初は分かりませんでしたが)。

その一方で、大天使マリエルや大天使セレスティーナは、それを補うものであり、またクリアリングを十分行った人にとってはフルセッションになってもいいものであり、また、基本的なスピリチュアルなセルフケアのできる人が、さらに多様な光線・光・色・音・エネルギーを補充するためのものに、該当します。もちろん、短めのセッションや、時々これらの天使に触れることはいいことだと思いますし、栄養素の中でも微量要素のように、必須だけど多くは要らない、そういうものとして受け取ることはいいと思います。また、もうかなり天使のエネルギーをマスターしていて、4大天使のエネルギーなどは自分のオーラ層に保持しているような人は、バンバン受け取ってもいいと思います。でも多くの方は、まず足元から、まず下部チャクラから、まずクリアリングから、はじめることが順序ではないかと思います。

今回、特によく見えたのは、セッションを受けられている方々の基本のチャクラの脆弱性です。今回はミニセッションで、いろいろと言及することまではセッションに含まれないのでお伝えはしていませんが、多くの方というか実はすべての方に、基本のチャクラの脆弱性が見受けられました。これは別に、受けた方々が特別そうなのではありません。今は世界中の人が、チャクラがあやふやでおぼつかないのです。これは地球の変容の刺激が多く、その衝撃のためでもあるし、なかなか古い地球と新しい地球のはざまにあるとチャクラのケアも難しいのです。私もそうです。日々チャクラのケアに気を使っていますし、やれることはなんでもしています。またチャクラがよわよわしいのは、残念ながら地球の変容とともに自分もきちんとベースからクリアリングし、基礎的なスピリチュアルなケアをしてこなかった結果でもあるし、また日ごろそうしていても、今はいろいろなものが浮上しやすくなっているので、エネルギー体も「もっとこれもあれも浄化してくれ」とサインを送っているのかもしれません。

なので、幾人かの方にはチャクラの浄化をお勧めしました。すでに私のセッションを受けられたことがあり、信頼関係ができている方には、お伝えすることもありましたが、私と初めての接触をされる方には、あえてチャクラがどうのとは言いませんでした。このセッションの範囲外のことですし、いきなりそういう話を持ち掛けてもさらなる宣伝と勘違いされることもあるからです。でもここでお伝えしておきたいことは、皆さん基本のチャクラを、浄化し、強化していってください。それが、先決で、またベースだと思います。

大天使マリエルと再び出会う

マリエルは美しい天使です。優雅でロマンティックで、煌めきは紅いバカラの作品のようです。ダイアナが紹介しているより、より多くの特性を持っていることは確かです。マリエルに魅かれる人は本質が美しく、その美しさを輝かせたいと思っています。マリエルは優美さの象徴であり、優雅にスピリチュアルな道を行くようにサポートします。マリエルに魅かれる人は、どうぞとびきり綺麗に優雅になってください。

マリエルに魅かれるということは、その天使と繋がりが魂の中に今、あるということです。それを探求してみてください。ただ、この天使の光線や存在にばかり夢中になったり、偏って関心を寄せないようにしてください。スピリチュアルな要素や栄養は、無限にあり、それぞれに役割があるので、他の天使、他の方法なども尊重しながら、この天使と絆を作ってみてください。私の方でも不定期開催をしていきます。いずれは、マリエルと関わるドレスなども誰かとコラボで作ってみたいです。それらも利用してみてください。

最後になりますが、今回の冒険的な新セッションを、行い活かす機会をくださった、応募してくださったかたに感謝いたします。ありがとうございます。