★真に美しいスターを目指してvol3コロナ後のスピリチュアルとは

世界が本当に変化へとゆさぶられはじめた

今、全世界の人々は私も含め、大きすぎる変化や試練と戦い、抗い、荒らされて行くのか、
それとも気づきを得て、本質的なもの(エネルギーや愛や根源的な生命力や尊厳や才能)を輝かせ、
自らが大きな愛の波動のポータルになっていくのか
選択をする岐路にあります

今、世界は大きな変化の時にあります
それはスピリチュアル業界がずっと言ってきたつかみどころのない理想的な変化ではなく
もっとはるかに厳しい巨大な試練の大岩に押しつぶされているような変化です

本来、地球はもっと緩やかに、輝かしい世界へと移行していく「予定」でした
地球に流入するエネルギーはとてつもない美しく、キラキラと輝いていました
その一方で、容赦ないほど強大であり巨大であり強いエネルギー照射を私達は受け続けてきました

そうやって地球は一生懸命に新しい地球に変わろうとしてきたのですが
そして一部の感受性の強い人々やスピリチュアルな感性・能力を持っている人は
2000年代に入る前からそれを感じ取り、「生れ変わらなければならない」と行動を開始していました

ところが、大部分の人間社会は一向に変わらないどころか、ますますわるく残酷で荒れていきました
スピリチュアルな世界は、あやしげで胡散臭くとんでもなものがあふれています
でもその中でも、本気で真から魂から、地球が変わっていっていることを伝え続けてきた
人々も沢山いました。彼らは真剣でした。身をもってそれを伝えてきました。私もその一人と言いたいと思います

地球も社会も人間も、良き方向へと変わっていく
いやおうなく波動の高い方向へとシフトさせられている
もしシフトを拒んだら、大変な混乱が起きる可能性がある

私はずっと前からそれを予感していて、この地球や自然に起きていること(進化)と、
人間社会と人間個人に起きていること(劣化)が相反するために、

何かとんでもない大きなことが起きて世界を破壊し兼ねない状況になるだろうと思っていました
2018年にはすでにその破壊的なものが来ることを予知して、これは確実だと感じていました

世界は何事もないかのように一見見えました
でもやっぱり来たのです
それがコロナです

スピリチュアルはコロナに勝てなかった

このコロナというのは、科学者は否定するでしょうが
人の心・感情・思考・嗜好と密接に関係しており
それらの荒廃がうみだしたともいえるのです
そういう意味では、コロナじゃなくてもなんでもありえました

コロナはかなりしぶといです
コロナというより、人間がそもそもうみだしている汚い汚泥のような波動自体が
やっかいなほどしぶといので、それに今のところここまで来ても人々は愛と思いやりと創造性と調和
に生きようと舵を切っていないので、本当の意味での浄化は起こらず、
コロナは形を変えてかなりの痛手をもたらすでしょう

ワクチンは助けになりますが、決定打にはなりません
あまりにも皆、ワクチンを神のように崇め、ワクチン教みたいになっています
でもそれがあっても、コロナかそれ以上の何かがゴロゴロやってきて
かなりしぶとくこのウイルスかウイルス以上のものと戦うことになるでしょう

真の希望はワクチンではありません
真の希望はスターシードがいかに、どれだけ、立ち上がって自らの波動を高め、
自らの目的を生きるかです

正直、スピリチュアルはコロナに勝てなかったと思います
まず、それを的確に予知予想できた人がいなかった
それに、コロナが来た頃にはすでにスピリチュアルは商業主義まんまんになっていました
また、2000年代初頭から地球の変化変容について語ってきた人たちの多くの予知ははずれました
そして、このころ活躍していたヒーラーの多くもまた、スピリチュアルを去っています
今ではスピリチュアルはあまり流行りでもありません
コロナの後、多くのスピリチュアル本が世界から出てきて、人々を導き励ましていくかと思いきや
これと言ったものは出ず、その代わりにマルクス・ガブリエルのような知識人や、経済学者などが
新しい世界を提言しています

スピリチュアルはこれといったブレイクスルーになるようなことを提言できていません
その界隈では盛り上がりもなく、また人々のともしびとなるような希望を差し伸べることもできていません

人々はスピリチュアルからむしろ離れました
訳の分からない予知や予言、見えない感じられないエネルギーを無理に捉えようとするよりも
マスクを買い、自分を守ること、経済的にどう生きるかを模索しています
おそらくスピリチュアルではなく、経済のシフトが大きな影響を持って世界は今後変わっていくでしょう

地球は試練に立たされ続けるでしょうが、それでも新しい地球になるべく変容し続けていますし
共に変容し、新しい美しい調和のとれた、もっと穏やかで平和で輝いた地球を共同創造してくれる人、
そうなるべく努力し立ち上がる勇気ある人を求めています
一人でも多く、求めています
それが、つまり真の意味でのライトワーカーです

でも、前回にも書きましたが私はもう「ただ理想論を言うだけのスピリチュアル」
には興味を持っていませんし、それらしき記事も書かないつもりです
スピリチュアルはもう、言うのではなく知識ではなく議論ではなく、
実践の段階にあります

何を実践するの?
それは一人一人のハートの中にあります
欲求や要求や心の声やサインやインスピレーションや
偶然やシンクロニシティや奇跡と呼ばれる体験や関心や興味の中に、
今地球と自分のためにすべきことがあります

またバシャール流に言えば、わくわくすること、の中に。

その実践は小さいことでもいいんです、必ずしもリュックを担いでエベレストに上って愛を叫ばなくて結構です
むしろ、そういう承認欲求がまじった金のかかるスポンサーのいるようなことはもう古く世界に
必要とされません。冒険家にはわるいけど、今本当に必要なものは山だの海だの制覇することではなく、

自分の弱さを制覇することです

でも、黙ってただ自信をなくしたまま、やりたいことを遅延したり探さないでいるのはやめよう

あなたがライトワーカーなら、必ず、今やるべきことが導かれているはずです
このコロナの中でも、それは変わらずつづいています
あなたのハート、魂、スピリットは、あなたはこれをやりなさいと促して
毎日ヒントを出しています

でも多くの人はコロナで疲れそれも聴こえなくなり、興味も意欲もやるだけの余裕やお金もないです

今地球は緊急時で、ライトワーカーに今使命がないはずがないのです
ただ、今は正直、ライトワーカー・スターシード・ウェイシャワー・クリスタルチルドレンなどが
自由に快活に使命を果たすには大変難しい状況になっています

ただこれも、人間がつくりだした状況なのです

そんなわけで、自分はスピリチュアル、というもののとらえ方、書き方、生き方を大きく変えました
言うだけでは足りない、感動的なことを書くだけでは足りない。
今まで1980年代からずっと言われてきた「2030年地球天国化」「愛だけが元となる世界と人の進化」
「クリスタルチルドレン、レインボーチルドレンの活躍」などなど、つまりアセンションそのものを
信じなくなりました。信じないというより、起こるべくして起こるはずだったそれらは、結局人間の退廃と
荒廃と欲望の余りの巨大な肥大化によって、つぶされてしまったのです

 

新しいスピリチュアル、では何を実践していけばいいのか?

何度も書いてきたのでもうご存知だと思いますが、私はもう理想的な世界がやってくる的なスピリチュアルには
興味がありません。もちろんそれらはいつかはやってくるのでままごとではありません。

でもそのためには実践が行動が使命の実現が不可欠です。ライトワーカーと自分を認識できたとき、立ち上がる人がどれだけいるかが大事です。それをやらずして、ただ知識を膨大に増やしても、頭のチャクラにエネルギーが溜まるだけです。

そして、そのために特にスピリチュアルに興味のある人たちはルートチャクラが極端に弱いです。

このような知識偏重で一方では心ないスピリチュアルというものは、正直今何の役にも立っていません
だから私は、途中からワークショップ主体のサロンに切り替えました
これは、一つにはエネルギーワークセッションを受けても、エネルギー自体を感じられない人々から
不満や不十分感を、感じ取ってきたしそれがクライアントさんの一番の悩みであったこともあります

そこで、ワークショップによって自ら癒しながら自らエネルギーを感じ取る練習をしていき、
自らエネルギーを扱えるようにと、一連のワークをセッションからワークショップ型に大きく変えたのです

ワークショップ自体は、大抵の場合良い結果を生んでいったのですが
それでも皆さんには依然として

「エネルギーを感じられない」

と不満というか不完全燃焼な気持ちがあり、
時には大きく挫折する方もいました

いつでもスピリチュアルの一番大きな挫折ポイント、そしてスピリチュアルを認められない第一の理由は

「エネルギーを感じられない、高次と繋がれない、スピリチュアルな愛とか波動とか感じられない、
それが体感としてなんなのかわからない」

というものです

そして、エネルギー・波動・スピリチュアルな純粋な愛の力を体感できない限り、
本当の意味でスピリチュアルとは何かを、理解することや、ヒーリングプラクティショナーになることなどは
不可能なことも私にはわかっていました

何度でも言います
スピリチュアルな本は幾らでも出ていますが、
スピリチュアルなブログは言いたい放題していますが(私含む)
スピリチュアルな本質というのは愛であり、愛の本質とは知識ではなく、
エネルギー・波動・気です
これは、体感してみないと分からないことなのです
体感したとき、「ああ本当に、純粋で崇高で巨大な愛があるんだ」
と気づき、そこからすべてが始まります

愛がどんなに命の源であるかを。
皆が愛を持って生きるべきだということを。
愛とは飾りのようなやさしさではなく、正直さだということを。
愛がわかるとおのずと、スピリチュアルな世界への感性が研ぎ澄まされ、
高次の世界とのつながりができてきます
いわゆる、チャネリングが本当にできる人になるということです
本当にとは、ヒーラーといいつつチャネリングなどできていない人も一杯いるからです

私は皆さんに本当の、本物のヒーラーになってほしいと思っていました

でもやはりエネルギーを感じられないところで躓きます

皆さんが、セッションなり、ワークショップなりをいくら受けても
波動を感じることができないことに失望し、次第にスピリチュアルなもの自体へ
関心を失っていくのを見てきました

どうしたらいい?
どうしたらこの世はエネルギーでできていて、波動でできていると、伝えられるのか?
相変わらず天使、というテーマでひたすらその方法を探していた私ですが、

ある時、つまらない太極拳の基本の型を、つまらないなりに練習しつづけていました
その時、全身が「エネルギーを受け取る」状態になっていることにきづきました

日ごろからエネルギーは嫌になるほど受け取って感じていますが
いつも意識しているのは天使だけでした
天使と源を通してしか、スピリチュアルなエネルギーは入ってこないと決めこんでいました

しかしあの不思議な太極拳での自分が、
人生をかけて挑むと決めたカンフーこそが
まさに実践的スピリチュアルであり
まさに「エネルギー・波動」つまり中国武術でいう氣を感じ、コントロールし、
うまく扱っていく、そしてそれを力に、生命力にしていく最高の方法ではないか、
ということに気づかせてくれたのです

そこで、今までの「スピリチュアルなのだから天使とか女神とか高次とか、いかにもスピリチュアルなことにこだわる」のをやめて、まず大好きなカンフーを徹底的に実践しよう、広めよう、伝えよう。
と思いました

今まで私は、天使専門家として、天使のことばかり考えていたのです
灯台下暗しでした

実際、カンフーをやれば氣感、といって微細なエネルギーを感じる能力や感性は磨かれて行くのです
中国武術というか中華文化というのは、まったくもってその中心に「氣」があります
それは、宇宙に蔓延し、万物を構成する根源的なエネルギーのことであり
ゆえにカンフーは日本人にはいまだにとっつきにくいものとされてはいますが
その一方でやってみたいと興味を持つ方も少なくないのです

この氣とはまさに、私が皆さんに伝えようとしてきた根源の生命エネルギーに他なりません
それをつかみ取り、自分のものとしていく、最高のスピリチュアルプラクティス。
それが灯台下暗しで、私の愛するカンフーにこそあった、すべてはそこにあった、と思い

これからはカンフーを伝えていこうと決意したのです

 

そんなわけで、改めてカンフーブログというものを作りました

ただこのブログは、当サロンホームページの記事とは違い、
一貫してカンフーについてだけ書く本気の本格的ブログにするつもりはありません

もっと楽に、自分が楽しく思っていることを書きたいと思ってます
カンフー、中国武術だけでなく、国際交流や日本語教師奮闘記、
その他自分の好きなものあれやこれやを
ランダムに書いていくつもりです

そこにスピリチュアルな視点を加えていきます

さて実際のカンフー練習会やレッスンですが、
もろもろのお知らせはこちらのブログでもいたします

カンフー練習会・レッスン・ボディワークセッション・薬膳お茶会などは、私の新カンフー主体の新サロンだけでなく、すべてAngeliclovelightおよびEARTHANGELGARDENSのメニュー、セッションの一部であることに変わりはありません、ボディワークセラピーやヒーリングの一部に取り込んでいきます
カンフーとして伝統文化をそのまま教えるという土台からは決して外れることなく、

その合間に、今からでも独自の視点からその魅力を私なりに伝えられるかなと思うし、
ボディワークセラピーや各種セッションの中に
カンフーの要素や技を取り入れていくことはできると思っています

ただカンフーは厳しい世界です
やはり段階を踏んで練習しなければできないことですし、

自分自身がある程度までの修練をし、内力を持ち、人に伝えられるまでは
安易に教える、などと言ってはいけないと思ってますし、
教えられる側もまた、カンフーや気功などをすればすぐに氣を感じられるようになるんだと
思ってはだめです。また、挫折に陥ります

基本は、何年もかかる
でも、確実であり、そして古代からその確実性は証明されてきました

また、カンフー以外の多くの智慧を学ぶことができることも
カンフーの良さです
私はエンジェルたちと本当につながりたい、本当に愛やエネルギーを感じたい、
それらを生かして人を癒す癒やし手となりたいという方には

まわり道遠き道のように見えるかもしれないですが
ぜひカンフーを実践していってもらいたいです
並行でもいいですから、やってみてもらいたい
これほどに、歴史深く中身の深い技術はありません
それがあなたのヒーラーとしての可能性を開くだけでなく
教養と知識、そして養生法や心身の健康までももたらすのですから
一石100鳥くらいあります

カンフーを通じて、ナチュラルに生きてそこから変容を生きていこう
それが私なりの、ポストコロナへの答えです
そして本当にエネルギーという本質を知ってもらうために、スピリチュアルに
興味のある人たちにも氣つまりエネルギーを感じることをともに学んでいきたいと思っています

そんなわけで、今後の私のスピリチュアルワークは
ナチュラルヒーリングと共に、必ずカンフーの要素、練習、修練を取り入れていきたいと思っています
そんなことはしたくないという人もいるでしょう、それはそれです
合う合わないもありますし、好き嫌いもあるでしょうし、
できる自信が持てない人も多いです

でも、わたしはそうした道を行きます

sweetdaisy.info

更新はのろいです。不定期。ゆっくり。

目指すものは、「好きなことを楽しく書く」。
だから今までのスピリチュアルブログのように、
しんどくても伝えなければと、半ば修行のような書き方はしません
文章ゆるいっす。

スピリチュアルと言われる分野の、正面切っての真面目記事は少なくなるでしょう

どうぞよろしくお願いします

sweetdaisy.info