どれを受ければいいですか?各種セッションQ&A アースエンジェル・ライトワーカー、あなたの出番です! 地球・個人の変容とアセンション

女性性のエネルギーで、正義のために立ち上がろう

こんにちは
国際平和プロジェクトのぶっつぶれにより、まだ辛くて悲しくてやりきれない自分がいます
前にも言いましたが、

 

この悲しみ・怒り・辛さ・孤独を、「正義」と「主権」と「人権」のためのエネルギーに変えることによって、人は救われるのだということを経験によって知りました。日本人はすぐに、黙って相手を推し量るとか、なんとなく…でうやむやにしてしまえばいつか傷も癒える、と考えがちですが、女性の中の人権侵害の痛みは、古代からずっと、前世からずっとあなたの中に残っています。蓄積しています。だからこそ自分の力を信じられず、自分を愛せないのかもしれない、と、今一度再考してみてください。

そして、何度も何度も言いますが、自分の主権・人権・権利・主張・💛のために、
時には心を鬼にしてでも徹底的に戦う覚悟を持ってください

心を鬼にする。鬼というのは、必ずしもわるい存在ではありません。
日本の伝統では、鬼は時に、女神を守る役割をしています。
あなたの中にも、天使や女神のような心があると同時に、
鬼のようなところがあるはずです
幾らきれいごとを言っても、それは否定できないでしょう

でも、その鬼も、そのエネルギーの使い方次第なのです
鬼は鬼神とも呼ばれます

龍神も、龍もそうです

どのような存在として自分の心、内的な世界でその強大なエネルギーを用いいさせていただくかは、
あなた自身の内的なレベル、深い洞察と真摯な思い、誠実で純粋な思いによってきます

それは、天使と共に生きる場合となぜか同じですね

 

さて、今までのいきさつはsweetdaisy.infoに書きました
そちらにも同じ記事を載せますが、ここにも、アースエンジェルのために大事なこととして
セラシアの翻訳記事を載せました。いつもながら私独自の訳し方をして重複分は省略しています。
ご了承ください。

 

女性性のエネルギーを使って、
正義のために立ち上がろう

by Celasia

2020年に入り、今までとは違う、世界の記録に残るような新しい始まりが来ています。

新しい時代を作っていくということは、慎重さとともに大胆さが存在します。大多数の人々が、もうめちゃめちゃになって、この世界の不条理と不平等を訴えている真っ最中ですが、これも変化のサインです。

そんな時代の流れのなかに、コロナがやってきて、人種差別と不平等・格差に対する巨大な抵抗が起こり始めました。これは今の社会が、変革者によって根本的に変えられていくきっかけになるでしょう。
私たちはどこへいくのでしょう?静かになって、この世界がひっくり返る様をとらえてください。

まず最初に、コロナウイルスは、人種差別を助長したことを考えてください。実はこの2つはスピリチュアルなレベルでは同じエネルギーです。おそれ・不確かさ・長い歴史の中での悲惨さの連鎖。

地球生態系の中で、ウイルスはごく自然の産物です。私たちを含め、ウイルスはすべての生物にとって進化の元となったと科学者は主張しています。いくつかのウイルスは確かに命の危険をはらみますが、多くのものは無症候性のものです。

 

いずれにしても、ウイルスはまだ未知の部分が多く、そのことが人々をおそれと不確かさというもろさに陥れているのです。それをまさに、生きるか死ぬのかも分からない正体不明のコロナウイルスが代表しているといえるでしょう。

人種差別は、歴史の中で、社会システムを維持するために使われてきたツールです。これは、人間の自然な姿ではありません。これは、歴史上、状況に応じて仕方なく従い、当たり前になってしまった結果です。

これはおそれやコントロール、エゴの欲望、特に階級差別などによる、階級社会と権力争いの中で、自分が他よりも力を持ちたいというエゴからでてきました。この悪意は非常に根深く、なぜこれがこんなに人々に浸透してしまったかをスピリチュアルなレベルで見ることも、なかなか難しい課題となっています。つまり、不可視な悪なのです。
しかし、人間は何千もの間、「人種差別主義者」として確かに生きてきました、そのようにコントロールされて。

それ以前の人間は、もっとナチュラルな存在でした。何かに構築されてしまう前の私たちはもっと自然でした。
もっとソーシャルで、コミュニティを作ることを良しとし、お互いに助け合っていました。

この経験は、私たちのDNAに深く刻み込まれているのです。それが真の私たちなのです。

 

この世界に今の時期に生まれたということは、昔、古代の時代にあった良きあり方を、どこかにしまい込んでいていいはずがありません。先祖がしてしまったことを繰り返してはいけないということです。

意識の高くなった私たちは、私たちの存在の主権を持った人生のスタート地点であるということを魂によって知っています。生まれてから前世の記憶をなくしてしまった私たちは、かつての自分がどういうものだったか想像できません。時に私たちは白人であり黒人でありましたし、時に男であり女でした。でもその体験のいかなるものかは覚えていません。

それ以外にも、多くの抑圧を経験してきたでしょう。あなたは奴隷だったかもしれません。ホームレスだったかもしれません。もしあなたが誰かに対し、差別的なのならば、あなたはかつての自分の苦しみを忘れているだけです。

前世療法が役に立つのはこういう時です。

かつての苦しみを解放すれば、もう誰かを不当に扱おうとは思わなくなるでしょう。あなたのトラウマがリリースされ、偏見はクリアリングされ、現在にいかに影響を与えているかがわかるでしょう。

今、私たちは自分が真に何者であるかを、思い出すことです。

どんな自分が自然なのかを知ることです。

コアのレベルでは、それぞれが性別に関係なく聖なる女性性と聖なる男性性を持っています。

意識していなくてもです。もっと進化し、より広がりを持った存在になれば、陰陽はバランスされ、各人がエゴを超え、より聖なる表現者になっていくでしょう。ここ何年も、ヒューマニズムは開花されてきました。聖なる女性性のエネルギーを用いることで生まれるエネルギーが喚起されてきました。

人々の心は開き、聴くということを始めました。
誰かに耳を傾ける、受け入れることは、女性性のエネルギーです。
もっともっとその力は必要なのですが、ただ今はすでにここまで進んだことを喜んでいましょう。

今でも世界のどこかで、自らの主権のためにデモをやっていることを尊重して。。。こうしたデモにも、女性性のエネルギーが必要になってきます。それは女神観音のエネルギーでもあります。

慈悲・修練・勇気・愛。多くの怒りや悲しみがあふれていますが、しかしこうした性質のエネルギーも表面化してきています。今必要なのは、連帯です。暗い時代をこえ、私たちを震えさせるようなことがなくなるよう、ともに歩んでいくことです。
恵まれた人々だけが、差別や貧困から自由であることは、まるで世界を無視していることです。

2020年は、普通の年ではないことを、気づいてください。

私たちは、巨大な社会の影のシステムをひっぺがそうとしています。

そして、今まで長いこと続けられてきたことが明るみになり、より拡大した視野にさらされています。それらにスポットライトがあたり、事実それらはとても輝き、もう見逃せません。これが、世界のメガ変容の結果です。

これは政治的な話題ではありません。そう感じるのなら、以前書いたものを読んでください

「立ち上がろう、あなたを抑圧しているものから、あなたを差別するものから。

そして、ごく普通の人間としての選択をしよう。
それは政治ではない。

人間として、私たちは、その義務を持っている。

私たちは、あまりに長い間、間違ったものを背負って社会をつくってしまった。

あなたの兄弟姉妹と共に優しく歩もう。お互いの光となろう。

それによって、暗がりから私たちは抜け出せる。
今世界は興奮状態にあり、何週間にもわたって、孤独で、先が見えず不確実で、やることがたくさんあり、そして嫌な事件にあうはめにあいました。

この間、地球は最高に騒々しいエネルギーにみちていて、私たちの人生に影響を及ぼしたのです。

状況は、シンプルではありません。でも、静観しましょう。そうすることで、効果的な結果が、愛ある世界が、やってくるでしょう。今は、あなたはもうわきに座ってただ人々を眺めている時ではないのですよ。誰かにいちいち反応しているときでもないのですよ。

2020年に今私たちは生きているのです。それは、アクティブで行動的な態度と今にあることとを両方行い、より拡大された世界を作るために、お互い助け合うことが必要な時だということです。

お互いに手をつないでいきましょう。より愛ある世界のために。
特に弱者に対する不正によって、絶望して、怒って、疑っていきますか?
悲しいのも、怒るのも、自然なあなたです。
そして変化を起こしたいと思うのも自然なあなたです。

個人的に深く自分と向き合ってください、あなたの中の怒りはなんですか、それを見てください。
そしてそれを解放してください。そうすれば、それはあなたの選択に影響を及ぼすことはありません。そして痛々しい嫌なやり方で相手を攻撃することもありません。

あなたの力を、ポジティブな変化のために積極的に使ってください。
あなたの中に自然と存在する愛にたどり着き、それを認め、
より愛に満ちた世界をつくることに貢献してください。

私たちにはそれができます。

 

 

You may also like...