オーラ/エネルギー体/エネルギーフィールドとは

scan-001

オーラ/エネルギ―フィールド/エネルギー体とは何か?

オーラとは何でしょうか?
また、よく言われるエネルギーボディやエネルギー体とは何でしょうか?

これらは、一般的には見える人には見える領域とされていますが、私たち特にスピリチュアルな能力を持つ者の中でもエネルギーワーカーは日々このオーラ/エネルギー体と接触し、観察しています。観察しなくても、いろいろ見えてしまうのが現状であり、かといってすべてがわかるわけではなく、慎重に研究と考察を重ねている部分でもあります。

私の解釈でいえば、一般的に「オーラ」と呼ばれるものは、
結局はエネルギーフィールド全体・エネルギー体の構造全体のことです
そこには様々な機能をもった様々な部分があるので、
人々が通常言っているほど、このオーラというのは「あなたのオーラは何色?」「赤です」というような単純なものではありません

丁度肉体が様々な臓器と腺、血液や細胞からなっているように、オーラ場にもいろいろな部分があるのです

このエネルギーフィールド(オーラフィールド)には多くのボディやエネルギー層が混在し、しかも地球が新周期に入って波動も完全に変わり、変容を繰り返している中で人間の体も変わりつつあります。今までに潜在化していたフィールドが新たに出てきたり、知られていなかったチャクラが動き出したり、ライトボディが顕現したりと、本当に変化が大きい時なので、「オーラとはこういうもの」という知識だけで判断することなく、永遠に考察と洞察が必要だと思っています。
(よって、この記事でも新たに理解したことがあれば付け加えていきます)

今でも、オーラやエネルギーフィールド、エネルギ―体については様々な考察がありますし、古今東西一つとして同じ定義同じ構造体としては語られてはいません。おそらく、どれかが正しくて間違っているのではなく、個々人によって見え方・捉え方・呼び方が違ったということでしょう。一つのチャクラでも、微妙に色の見え方・構造・機能や役割は違って見えるようです。また、古代人には発達していなかったチャクラなどもあるでしょうし、一方現代人の中では退化している部分もあるかもしれません。

エネルギーフィールドで一番難しいのは、人によって文化によって定義や用語の使われ方などが多様であるということです。
おそらくヒーラー個々において解釈は違うでしょう。科学的に解明できない領域なので、霊視が出来る人の智恵と直観と観察とチャネリングによって理解がなりたっているため、ヒーラーや霊視者によって見え方・捉え方・言葉での説明が変わるのです。一定の解釈の方法はありません。大事なことは自ら観察を続けることです。
この分野の研究の第一人者であるシンディ・デールも、オーラ場やエネルギボディのことを「ものとして実証して見せることができないものである以上、これが本当だということは言えず、永遠に研究対象である」というようなことを言っています。

また、シンディ・デールはオーラフィールドのスピリチュアルアナトミーを理解する一つの方法として、
フィールド
チャンネル
ボディ
の3つの機能に分けて考えることを進めていますが、私はここにさらに
ライン
スパーク
の2つを加えて、主に5つの分類ができると考えています

下記に私の知る限りについての、オーラとは何か、つまりエネルギーフィールドとは何か書いてみます。これは私がエネルギーワークをする際に、スピリチュアルな能力によって観たときの基準というか、判断基準であり、文献や本、ヒーリングの先生達から学んで知ったことをベースに、自分で体験してきたこと、透視してきたことを融合させて今の理解に至っています。これら見解は今後も変化発展する可能性があります。ですので、どうかここに書いてあることがすべてとか、「正しい」というようには捉えないでください。これは私から見たオーラ/エネルギー体のことであり、私なりに解釈したものです。

またこの記事では、実際の私のエネルギーワークセッションやベーシックワークによってどのように各ボディやフィールドと関わっていくかについても書いてみました。セッションを受けられている方は参考にしてください。

1.フィジカルボディ-肉体
私たちの肉体。ここにも波動は存在します
この肉体に沿って気(生命エネルギー)の流れがあり、経路があります
エネルギーワークではこの流れにも働きかけます
私のセッションの中ではフィジカルに最も働きかけるエネルギーワークは大天使ラファエルのヒーリングワークになっています
このエネルギーワークは、身体・細胞への浸透率が高いです

2.フィジカルボディ内の臓器・細胞およびDNA

各臓器や血液、体の持つ細胞もエネルギーワーカーやヒーラーにとっては1つの”エネルギー体”です
一つ一つは波動・周波数・色を持っており、細胞は個々に振動しています。細胞へのヒーリングやエネルギーワークについては、また別途書きますが、細胞にもオーラや周波数があり、ヒーラーはそれをとらえて細胞に働きかけます。

3.エーテルボディ
エーテル体は肉体のすぐ上層にあり、肉体と密接に関わり、肉体の調子の影響をすぐ受けると同時に、エーテル体の調子が肉体にもすぐに影響します。肉体のボディテンプレートを維持しています。地球のエネルギーや外部環境エネルギーを取り入れやすく、環境にコンディションが左右されます。現代人のほとんどが、この部分がまず汚れていますので、私のセッションではまず最初の数回はこの部分への集中的ワークになります。エーテル体の汚れを取りたいときは、大天使ガブリエルを呼んでピュアなホワイトゴールドブロンズの入り混じる光でエーテル体の掃除をしてくれるよう依頼してください。バーバラ・マーティンは「物質体と構成する原子へのスピリチュアルな物質の出入りを誘導することで、身体の仕組みを維持するという役割を持つ。」と言っています。

4.エモーショナルボディ
感情が育まれ放出されるところ。ハートと関わりがあります。ネガティブな感情を持つとバランスがわるくなりずれが出ます。しばしば、アストラルボディとも呼ばれます。「身体の原子へスピリチュアルエネルギーが流入するのを助ける/個々の原子に流れ込む光の流れをサポートする」この部分のヒーリングには大天使ガブリエルのホワイトライトのセッションが向いています。多くの人が、というか誰でもみんな、感情体にはさまざまな重しを抱えています。人として生きていれば人生いろんなことがあり、傷つくことも多いので、当然でしょう。大事なのは、気づき、そしてクリアリングです。この部分は感情によって、色や形状がすぐに変わりますので、よくテレビなので「あなたのオーラは青」とか言っているのは、この部分を見ているのでしょう。この部分も、ヒーリングセッションではまずクリアリングの集中的対象になります。

5.メンタルボディ
私たちの精神や考え、思考、信念などを司っているところです。ほとんどの人はここに前世からの思考パターンや古い捉え方などをたくさんため込んでいます。思考によって、色が変わるところです。人間は思考によって生きているので、この部分のクリアリングはもっとも難しく、時間がかかり、本人の努力と意思と変わるための準備が必要です。

6.アストラルボディ
ハートチャクラと密接につながっているボディでスピリチュアルな要素が強くなります。
最初の下部ボディと違い、パーソナリティーによって機能しません。無条件の愛が出てくるところです。
私たちの心・体・魂の情報を保持し、その機能を守っています

7.エーテルダブル
私たちの右横にある、エーテル的な体。肉体の輪郭と同じものを持ち、一緒に動く。私たちの肉体を始め、他のボディの健康を維持している。エーテルダブルは優れたエネルギーワークを受けると、強化され、しっかりとヒーリングされます。この部分もヒーリングは必要ですが、初期のエネルギーワークでは触れることはありません、上級者レベルです。

8.メンタルエーテルボディ(神聖な光の供給ポイント)
光の球体のようなもので出来ている、神聖なエネルギーの供給ポイント。

9.スピリット
アトマともいう。私たちの本質中の本質であり、神我。魂・ハイヤーセルフも内包するすべてなるもの。

10.7つのオーラ層
7つの基本オーラに対応するエーテル状のレイヤー部分。

11.ハイヤーセルフポイント
マゼンタチャクラという上位のチャクラのことを指す。ここからハイヤーセルフが機能し、通信しているといわれる。
頭上にある。

12.シルバーコード
私たちのエーテルダブルと肉体をつなぐコード。肉体を去る時、ここからエネルギー的に霊的な世界にワープ(というか帰還)する。

13.チャクラ
7つの基本のチャクラ、上位のチャクラ、よりスピリチュアルなチャクラがある。定義は人によってまちまち。
チャクラはエネルギーのボルテクスであり、スピンポイントであり、エネルギーの吸収と供給を行っているガソリンスタンドでもある。チャクラの浄化と強化は個々人のスピリチュアルな成長と進化を反映している

14.エーテルテンプレート
肉体のブループリントを保持し、エーテル体が不調になるとこのテンプレートからヒーリングが提供される。ハートからの智恵や考えのみが機能し通過できるところ。今世での創造力・レッスン・カルマ・人生の目的についてのブループリントが存在する。

15.スピリチュアルボディ
沢山の呼び名があり、この部分については多くの考察がなされていて一定の解釈はありません。
セレスティアルボディ・ケセリックボディ・ブディックボディ・コーザル体・
ハイヤーエーテルボディ・ハイヤーエモーショナルボディ・ハイヤーメンタルボディなど
私が見る限り、パールカラーで、光で出来ている部分。
この部分以降は、スピリチュアルなボディであり、解明がむずかしい。というのも無限に開かれ開発されていっているから。

16.フィジカルプレーン
肉体・感情体・メンタル体の存在するエネルギー場

17.アストラルプレーン
アストラルボディの存在するエネルギー場

18.スピリチュアルプレーン
コーザル体以上のスピリチュアルなボディとエネルギーフィールドが存在するエネルギー場

19.エネルギーフィールド
エネルギーフィールドには科学的に立証できている部分とそうでない部分があり、立証できる部分をveritable fields,subtle energy fieldと呼ぶ。科学的に検知できるフィールドは、エレクトロマグネティックフィールドとも呼ばれ、7つの主要なタイプのフィールドを持つとされそれぞれが異なる周波数とエネルギーを持つ。身体システムの健康維持に関わる。地球の磁流とつながり作用しあっている。検知できないがヒーラーなどが古代から観てきたフィールドは、主にオーラフィールド、形態学的フィールド、Tフィールド、Lフィールド、ユニバーサルフィールド、ジオフィールドに分かれている。いずれも、地球磁場フィールドとの関連性が強い。また、個々人に地球と同じくエネルギー場のグリッドも観ることができる。

20.ソウルスパーク
光として放たれる身体及び霊的なボディの一部
私独自が観ているものとして
その人固有のオーラカラーがあります。

21.様々なカレント(エネルギーの流れるライン)

先ほど挙げた気の流れの通路だけではなく、古今東西さまざまなカレント(エネルギー流とその通路)が解釈されてきました

22.エンジェリックライトスパーク
エンジェルエネルギーワークという、天使とのつながりの深いセッションを行っている中で見えてくるものとして、その人が霊的に高いレベルの人であったり、愛を生きようと努力していた李、もともと実際に天使の生まれ変わりだったりすると、特別に見えてくるのがこの天使的輝きです。これは個々人独自に存在し、非常に美しく、この世のものではないオーラです。

23.ライトボディシステム

アクシオトーナルシステム、マーカバなど、クリスタラインボディへと変容していくときに顕著に顕現してくる部分については、
ここでは詳細を省きました。