エネルギーワークとは何か~効果的にエネルギーワークを受けよう

scan-001

How to take your best energy work experiences?

★効果的にエネルギーワークを受けるために★
1.ヒーラーとの間で、信頼関係を築く
2.プロの施術者のセッションと、毎日のセルフヒーリングを、混ぜ合わせていく
3.なんのために受けるのか、エネルギー体とは何か、あらかじめ少しでも学習しておく
4.ヒーリングとエンパワメントの2大要素があることを覚えておき、また、エネルギーワークで何を得たいのか、その都度で変わってくるのでその目的を自分の中で明らかにしておく
5.それぞれにその人の個性に応じたセッションがあり、どれ一つとしてすべての人に合うものはないので、自分に合ったものを見つけ出せるまで、忍耐を持つ
6.エネルギーワークといっても色々で、生命エネルギーを高めるものと、あなたの神聖なブループリントを強化するもの、そして新しいライトボディを強化するものなど異なる領域があることを覚えておく

heart-1077724_640

What is energy work?

エネルギーワークとは何か?

これを説明するのはとても簡単で、かつとても難しいことです。私のようにエネルギーが観えて、エネルギーを常に受け取っている人間にとっては、すべての人すべてのものがエネルギーであることは真実以外の何物でもなく、それを前提にすると、エネルギーワークというのはシンプルに「その人が必要とする、純粋なエネルギーを補充する」ことです。
しかし、科学的にこれを解明し説明せよと言われると、また「頭」で、思考でそのメカニズムを知りたいという人に納得してもらうとなると、ものすごく言葉やその動きなどを的確に伝えなければならないので、難しいのです。

よって、エネルギーワークを題材とする書物のほとんどは、詳細なメカニズムの説明をしていません。(私の知る限り)
アメリカなどではエネルギーワークの臨床的結果や効果についての論文や実験はよく出てきますし本にも引用されています。その結果をもとに多くの施設でエネルギーワークが取り入れられてもいますが、その一方で、その「メカニズム」までを詳細に解明した論文は見たことはありません。それは結局、神のみぞ知るメカニズムなのでしょうか。

それでもより論理的にエネルギーワークを「知りたい」と思う方にはお勧めの本もあります
◇Energy Healing: The Essentials of Self-Care
by  Ann Marie Chiasson M.D. and Andrew Weil M.D.
◇The Subtle Body Practice Manual: A Comprehensive Guide to Energy Healing
by Cindi Dale

 

エネルギーワークをする意味や目的

すべてのものはエネルギーであると、アインシュタインがすでに言っています。
私たちは物質として観たとき粒子であり、エネルギーとして観たとき波動であると量子力学ではすでに言っていますし、http://www.sweetdaisy.info/science-physics-and-spirituality/にも書きましたがスピリチュアルと科学は量子論のおかげで少しづつ融合してきているので、エネルギーワークは科学的にも解明できなくても”説明”はできるようになるでしょう。

私たちもまるごと波動・エネルギーでできています。このエネルギーの塊である私たちの体・心・感情・思考・スピリチュアルな身体は、エネルギーを外部から取り入れて、栄養にしたり補給したり活力にしたり、あるいは古いエネルギーを外に出したりします。また、古いエネルギーを新しいエネルギーに変換したりします。足りないエネルギーは補足したり充満させたりし、今まで身体が受け取ったことのないもっとより高いエネルギーを新たに取り入れたりします。

これら一連のエネルギーの作業をエネルギーワークといいます。

エネルギーワークの主な役割
◇新しい新鮮なエネルギー・生命エネルギーを補充する(気を取り入れる)
◇より高次のエネルギー、純粋な愛のエネルギーを満たし、古いエネルギーを外に押し出す(浄化)
◇より本質的な愛のエッセンスを満たし(慈愛・強さ・バランスなどと関係する)力づけする
◇古いエネルギーを新しいエネルギーに変容する

などがあります

物質的身体が野菜や肉などを栄養として必要とするのと同じで、
スピリチュアルな部分も栄養補給や修復、メンテナンスが必要なのです

これをやっているか放っておくのかで、ずいぶんエネルギー体全体の様相は変わります

また、エネルギーワークの重要なところは心身の健康のためだけでなく
スピリチュアルな、また人間的な成長を促し、成長とともにあるということです

私は通常、エネルギーワークのセッションで2つのタイプの「エネルギー」を用います
1つは「光・色・音」の組み合わせ。これは高次の存在、私という者を通して流れる天使たち、女神、自然のエネルギーからの「光・色・音」のエッセンスをクライアントの各ボディやフィールドに注ぎ、満たしていくことです。「光・色・音」のエッセンスは非常に個性があり、とくにここで重要なのは光ですが、光は色を持ち、その光線の中にまた亜光線があり、柔軟にその姿を変えることが出来ます。クライントさんによって、必要となるエッセンスはその時々で変わるので、導かれる色や光の強度も変わります。

ちなみに、「天使や女神から受け取った光・色・音」を伝達するという、などというとそんなことが出来るのかと思う方もいるでしょうが、直接「天使・女神」から何かを受け取ることをイメージできない場合は、単純に「ある特定の光・色・音」を受け取るのだとだけ考えてください。実際天使たちはある人間的なものというより、源から来たエネルギーです。ある特定のエネルギーが必要だと思えば、その名の付いた天使のエネルギーを補充するのだ、と考えればそれで十分です。何かを「信じる」必要はありません。

もう一つはDivine source harmonyやベーシックなレイキのセッションで伝達している「エネルギー」です。これは単純に、宇宙に充満する生命エネルギーといえるでしょう。色はなく、プレーンです。生命の源から直接、強力に流れつづけてきます。古代からそれは気とかプラーナなどと呼ばれてきました。このエネルギー伝達の方は、どちらかというと、レイキや気功、シンプルなハンズオンヒーリングで用いられる、宇宙的エネルギーそのものと言っていいでしょう。どちらにせよ、生命を支える根本の、原初の素材ともいうべきもの、元気の素、生命の元、ともいえます。
(私自身は生命エネルギーと呼んでいます)

エネルギーワークにとって、どちらも重要な要素です。ただ、私のセッションでは天使のセッションを行うときも同時に生命エネルギーも伝達はしています。ポラリティワークも含め、すべてのセッションでそれが流れないということはありません。基本的にいつも受け取っていて、いつも流せるからです。それは、私が伝導体となるときに必ず大いなる源・ソース・根源につながり、そこからエネルギーを受け取りながらエネルギーワークをしているので、天使のエッセンスだけでなく同時に生命エネルギーも流れるからです。ただ、天使や女神のセッションではまずは各々の天使の特性を持った色・音・波動を流し込むのが主体になります。ですから、弱っている場合や重点的に生命力を補充する場合には生命エネルギーを受け取るセッションやレイキなどの基本的なセッションが合っていると思います(私のセッションじゃなくてもどなたのであっても)。

私のセッション一つとっても、天使や女神のセッションではそれぞれの個性ある「光・色・音」をを注入し、レイキやベーシックワーク、そしてdivine source harmonyのセッションでは生命エネルギーを送り出す、とそれぞれに役割があります。よく「天使のセッションのほうが華やかだから、どうしてもそちらに目が行く」と言われますが、バランスよく供給していくには、2種類のエネルギーワークをうまく使い分けてください。

エネルギーワークの2大側面

エネルギーワークの2大側面は、

1. ヒーリング・癒し・クリアリング・解放

2.エンパワメント・力づけ・栄養補給・エネルギー充電

になります。まずヒーリングですが、これがエネルギーワークの初歩や最初の段階はしばらくはクリアリングがテーマになります。ワークをを受けることによってまずは浄化が起きますが、それは物資的に例えば便秘を治すようなもので、エネルギー的デトックスによって、過去の古いもの、前世の古いものなどを解放するよう働きかけます。

またエンパワメントは、これから真の自己を生き、本当の自分らしさ、本当の自分のパワーや潜在的顕在的可能性・才能・力・魅力などを掘り出し、明るみにし、それを表現する力を与えます。また、単純に活力や元気、明るいパワーを補給することでもあります。

こうして、物質的デトックスや補給とは違い、スピリチュアルなデトックスや補給は体だけでなくすべてまるごとを対象にするので、心や考えにも影響が及び結果として私たちの成長を促していくのです。

歯磨きをするように毎日にエネルギーワークを取り入れていく

だからいざエネルギーワークをするという段階に踏み込んでも、その時にはやることがたくさんあるという状態です。
1つのセッションですべてを叶えるとか、すべてをクリアにするなどは無理ですので、慌てて受けないようにしてください。期待もしないようにしてください。ゆっくり取り掛かること、すべてのことには順序があることを覚えておいてください。今まで自分のエネルギー体になにもメンテナンスをしてこなかった人や、あまりに重くなった状態の人は、短期あるいは長期にわたる集中的な癒しのワークが必要なのは当然です。ヒーラーにそれを指摘されても、「お金儲けのために何度も受けるよう言われているのか?あなたのオーラは汚いとか、嘘ではないのか?」と思うかもしれませんが、実際に現代人のオーラ層は、目も当てられないほど汚れている場合が非常に多いです。(特に男性)ですから、自分から疑ってしまうことがないように、まず信頼できるヒーラーやセラピスト、エネルギーワーカーを探しましょう。安易にセッションに誘う人ではなく、本当に必要なことを真剣に伝えてくれる人です。

また、自分自身が積極的に、魂レベルからそれに取り掛からないと、どんな優秀なヒーラーのsessionを受けても、あまり意味はありません。

望ましくは、定期的にエネルギーワーカーのセッションを受けつつ、基本は毎日の自分のセルフヒーリング・セルフメンテナンスを行い続けるのが大事です。

★理想のかたち=
ヒーラーのセッション+自分でできる自分に合ったエネルギー的強化・メンテナンス・ヒーリングの実践

わたし自身多くの人にエネルギーワークをしてきましたが、自分でも定期的にヒーラーの先生に浄化やメンテナンスをお願いしています。自分で気づかないこともたくさんあるからです。また、その一方で、毎日自分で自分をヒーリングし、自分にエネルギーワークをしています。それと同時に、フラワーエッセンスやオーラソーマのボトルと言った、エネルギー的なサポートも取り入れつつ、気功・太極拳・ヨガ・エネルギーの高まるガーデニングや自然とのふれあいは毎日のことです。常にエネルギーボディとフィールドはきれいにするようにしていますが、その大半は自分でできるメンテナンスです。エネルギーワークといっても、自分でやるからこそいいこと、セルフヒーリングだからこそできることもありますし、他者にやってもらからこそいいこと・他者客観的にしてもらうことで為されることとの2つがあると思います。だからどう2つを使い分けていくか、だと思います。

エネルギーワーク、それは歯を磨くのと同じ、定期的に歯垢を取ったり歯のクリーニングをしたり、虫歯になったら治療するのと全く同じです。なぜ毎日歯を磨くのは当たり前なのに、オーラ層やエネルギー、気、チャクラなどは目に見えないからといって放っておくのでしょうか。すべての不調はエネルギー体から起こると言われていますし、私も実践していてそう感じます。物資体に降りて来る前に、クリア―にしてしまうほうがいいのです。あるいは目に見えない部分にたまったものだからこそ、物質レベルで対処しても解放しきれないのです。

確かに科学では説明できない部分は多いですが、しかし熱心な科学者によってその効果は非常に高いことを実験的にはたくさん証明されています。今では科学はスピリチュアルヒーリングを疑問視するのではなく立証する側にあるので
その結果多くの施設で取り入れられるようになっています。日本でももっと多くの現場で用いられるようになることを願うばかりです。

エネルギーワークの方法

ではこのエネルギー体をどう見てどうヒーリングするように判断するのか、ということですが、これにはヒーラーの先生やスクールで学習したことを基礎に判断していくのももちろんでありながら、私の意見としてはエネルギーフィールドの領域に入っていくには、ヒーラーの透視能力と直感に非常に重点が置かれると思います。

ヒーラーとは、ヒーラーとしてやっていこうという時点ですでに皆透視能力を備えているものだと思っています。見え方、捉え方は皆違うものの、何らかの形で 人々の体を取り巻く、エネルギー状態をキャッチすることができます。実際には同じように見えているわけではなく、ヒーラーそれぞれに見え方・観方・捉え方が違うでしょう。正解と言える方法はなくて、皆それぞれにあたわった能力を駆使しているのです。

私はいつもこの能力を自然に自分の中で流し、ある意味ではこの能力にラジオの周波数を合わせてクライアントさんの状態を観てキャッチしながら、エネルギー ワークをします。これには会話や言葉は要りません。

 私自身、何か導かれるように自分のやり方というものが確立されていきましたが、言葉では説明つかないような与えられた能力と、自分の直感だけに頼っていいのだろうかと思い、レイキとは別にロジャーのもとでポラリティセラピーを学び始めました。ぽラリティセラピーは非常に体系だったエネルギー理論を持ち、エネルギーワークの基礎的な方法は決まっているので、学んで非常にためになりました。

 観るだけでなくクライアントさんの体に触れていくと、どこにどうどんなヒーリングエネルギーを流していったらいいのか、随時直感的に分かってきます ので、頭で考えることなくその通りにしていきます。そしてなんといっても、やはり天使からの導きに100%従っています。考えはわきに置き、自分はただ純粋に伝導体です。純粋に伝導体になるためには、集中力と修練が必要ですし、ピュアであるためにもまた、毎日のセルフヒーリングが必要になってきます。
私はただのエネルギーを流す媒体にすぎないので、流れるがまま、自分が伝道管になってエネルギーを流し ます。その時自分はトランス状態になっているわけではありませんが、無私の状態に近く、ただそこにあるだけという感覚で、とても素晴らしい感覚にヒーリン グするこちらもなっています。

 こうして、エネルギーヒーリング、スピリチュアルヒーリングはなされていきます。

★まとめ~効果的にエネルギーワークを受けるために★
1.ヒーラーとの間で、信頼関係を築く
2.プロの施術者のセッションと、毎日のセルフヒーリングを、混ぜ合わせていく
3.なんのために受けるのか、エネルギー体とは何か、あらかじめ少しでも学習しておく
4.ヒーリングとエンパワメントの2大要素があることを覚えておき、また、エネルギーワークで何を得たいのか、その都度で変わってくるのでその目的を自分の中で明らかにしておく
5.それぞれにその人の個性に応じたセッションがあり、どれ一つとしてすべての人に合うものはないので、自分に合ったものを見つけ出せるまで、忍耐を持つ
6.エネルギーワークといっても色々で、生命エネルギーを高めるものと、あなたの神聖なブループリントを強化するもの、そして新しいライトボディを強化するものなど異なる領域があることを覚えておく