新しいSNSチャレンジとサロンの変化変容~私はあなたに言いたい。

今後のAngeliclovelightは大きく変化し
新しい試みに重点を置いていきます
また新しいこともはじめてみました

 

★Twitterを使う

また最近ではSNSをちょこちょこ活用していますね
テレワークにも飽き飽きしていたころ、思いつきで始めたTwitter。
実はこれが20個目のアカウントかもしれないくらい、
何度もやってはやめてきました

今回も度々退会するのですがそのたびに書きたいことができて復活。

そもそも去年から始めたTwitterは、ものすごくアクセスがいいんです
私は他者のつぶやきとか投稿を見るのは苦手で、フォロー0、だからフォロワーもいません

普通、Twitterではまずフォロワー、フォロワーあってアクセスも上がるというのが通説。

でも私のTwitterは、0:0で初めてすぐにアクセスが500、600、800と上がり
今は1つぶやきに対し1000.よって、いつしか100万アクセスを達成していました

100万アクセスを達成したらやめようと思っていたのですが、
自粛期間が長すぎて持て余す自分の気持ちを自由にぶつけるために何度も
アカウントを復活して好きなことを書いています

なぜ4か月で100万アクセスまでいったのでしょうか?

理由としては始めた頃から大人気だった中国ドラマ、陳情令について
一貫してそれにこだわり、書き続けてきたことだと思います
また、BTSが好きなので、バンタンのことも時々書きますが
なぜか沢山書いている人がいるはずなのにすごいアクセスになります

よくわかりませんが、私が武当派武術学院の公式アンバサダーであるということ
が影響しているのかもしれません

日本はまだまだですが、世界のエンターテインメントやダンス、ドラマ市場では
中国武術の見直しが静かに起こっています
すでにネタが尽きたところに、中国武術という、一説には1億以上も技があるという
豊かな土壌が目を付けられ、カンフーと融合したダンスや新競技が次々と生まれています

また、最近の中国ドラマの量産と世界的人気により
沢山のドラマ、俳優が武術を練習する機会、逆に言えば教える機会も増えたと思います

私の知り合いの少林寺のお坊さんは沢山の俳優を担当してきたし、
うちの門派の隣の学院のカッコいい大師兄は
ダンスも出来て、武術指導家です

武術指導の役割と重要性が、世界的に増えつつある
これは、中国伝統武術の素晴らしさ美しさをビジュアルで見せる
恰好の機会が格段に増えたとも言えます

今私も、武術振付家としての活動を始めています
もともと、アーティスト達と活動を長年やっていたので
多くのアーティストを知っていますし、その多くが超の付くような有名人ばかり。
彼らとの付き合いのこつも
苦労して覚えてきました

日本語教師をすることによって、より深く付き合い方や
外国人と何かを学びあうという姿勢が身に付きました

そこで、憧れの大師兄をまねて、自分も
武術振付家(武術指導家とはちょっとまた違う)修練をはじめました

そんなわけで、Twitterでは私はどうもアジアのスターを相手に武術を教えている、
アイドルと仲がいい業界人だと思っている人もいるような気がします

そうじゃないとあれだけの驚異的インプレッションは得られません

ただ、私は確かにアイドルやらアーティスト達と友人ではあったけど
別に仲がいいわけではないし、今はプロジェクトはしていません

皆が大好きな王一博の先輩でもありません

度々そのようにTwitterでも書いているんですけどね…

まあ、その他のつぶやきをしてもアクセスはせいぜい60くらいなので
アイドルつぶやきと比べると段違いですので、ニーズが何かは歴然です

仕事とは直関係がありませんが、Twitterは書きたいことを整理するのに
自由に書くのに使っています

 

★ココナラを使う

Twitterのほかにもココナラで幾つかのセッションを提供するようになりました
こうしたブログでは本当にコロナ期にスピリチュアルヒーリングを必要とする人に
届かないかもしれない、と思い、より世の中に普及しているサービスサイトに出しました

最初は抵抗がありましたが、今では結構面白いです
自分で苦闘しなくても機能が最初からついているし
大幅に社会が何を求めているかわかりやすい

こういうサイトを使うのは初めてだし、世の中が良くも悪くも見えてきて
自分だけのサロンやブログだけでは井の中の蛙になってしまうと思いましたから
これからもココナラは続けたいです

ココナラでもブログがあり、それが書きやすいので、
こちらで書いてきたことをココナラでも紹介していこうと思っています

 

★懲りずにカンフーのLINE オープンチャットを開始した

2度も停止したラインのオープンチャットですが、
どうしても太極拳・カンフーのグループがやりたかったので再開しました

もし、再度参加してもいいという方がいれば是非戻ってきてください!

やってみないと分からないものですが、
オープンチャットは思う以上に運営が大変なものです
フェイスブックなどよりずっと大変。
人との距離が、普通のラインみたいに近いために、
あちこちのグループで言い合いやいじめや派閥争い、
管理人消滅、喧嘩、嫌がらせなどが横行しています

正直今のラインのオープンチャットは荒れに荒れた状態といえるでしょう

自分のグループを停止し、悩んでいて、
複数の「管理人さんの悩み事を分かち合う会」に入ったのだが、
そのことで、初めて自分だけが大変だったり、問題だらめだったのではなかったと気づき、
大いに励まされ
それで冷静になって、グループをまたはじめられた

グループ停止の一番の理由である、
「私ばかりがしゃべって、投稿し、誰も反応してくれない孤独と虚しさに耐えられなくなった」

ということも、複数の管理人さん悩み分かち合いグループに入ることで、
多くの人が経験してることだと知りました。
私よりもっともっと頑張って、もっと失敗して苦しんでいる人達もいました

私はそれを知るまでずっと自分だけが上手くいかず、自分がダメな人間だからだと
責めていました。でも他の人と悩みを分かち合うことで立ち直れたのです

やはり自分が一生懸命にその場を盛り上げようと、話を振ったり話題づくりをしても
まったくスルーで無反応であるということは、精神的にかなりのダメージになるということが
他の人の体験談からも分かりました。自分の落ち込みは自然なことだったのです

私は自分を責め、本当に精神的に落ちるところまで落ち込んでしまうところだったので
グループをやめました。

今でも正直思います
なぜ、皆はスタンプ一つでもいいから何か反応してくれなかったのかと
私が一生懸命にやっているなということを、思いやる気持ちは
ほとんどの人になかったのかと

もちろん、すべての人がそうだったわけではない
中には最後まで私を気遣ってくれた人もいました
なんとか、私に声かけを知れ暮れようとしてくれた人もいた

でも一方で何度聞いても名前(偽名でもいいのに)さえ教えてくれない
名前を呼ぶことさえできない人も何人かはいました
名前の文字自体が読めない人もいました

例えば昔「-----」さんという人がグループにいたことがあります
名前を教えてくださいと頼んでもその質問自体シカトされ、ずっと―――――さんでした
笑い話ですよここまでくると。

一番私が一連のラインのグループで傷ついたのは、
「私とてもやる気があります!興味あります!好きです!やりたいです!やりましょう!!」
といって私に近づいてきたのに、最後にはまるでシカト、すべてスルーで消えていく人たちでした

彼女らは、皆最初は「本当に武術好きなんです、本当にやりたいんです」と熱心で
人一倍コメントし投稿したり意見したりします

でもいつか、何かのきっかけで私のやり方言い方が気に入らなくなるのか、
急に黙り込み、返事もしなくなります
こういうことは、正直サロンでもいくらか経験しましたが…
それでもお互い顔も本名も知らないライングループでは頻繁にあります

急に黙り込む人を見て、私はまたかと思うとともにひどく自分の責任を感じ
自分を責めてきました。きっと私がわるいんだと

再度いいますがこのサロンに来る人でもそういう人は少なからずいました
彼らのやり方はいつも皆同じです
だから、私は最初に連絡をもらった時点で「この人去るな」と
分かってしまうのです

こういう人たちは、最初はものすごく熱心・情熱的・スピリチュアルおたく・よくしゃべる・そして
私をよく知らないのに、勝手に褒めまくって崇拝でもされているかのような持ち上げ方をします

そして一時的には、友人になるにせよ、グループを組むにせよ、クライアントさんになるにせよ、
仲良くなりますし、一見信頼関係が厚くなったように思います

こうした方々は一様にとにかく私を褒めます
やめてくれ、といってもほめて褒めて褒めまくり、あなたほどの人はいないとかなんとか言います
そして私とのやり取りを神々しい何かのように勝手に思っています

しかし、ある時、私の人間らしい・人間くさい部分や弱い部分を見たとき、
一気に興ざめして、そこから一気に態度がわるくなり、冷たくなり、
そして文句の一つも言って去っていきます

そもそもは自分が勝手に理想化していた、
自分の持っていない不思議な力を持つ人、を聖なる者と勘違いし
私を崇拝するかのように扱いながら、

実は私が大したことがないとか、
友人になれば私が甘えるタイプなので重荷になり、
一気に奈落に突き落とすんですよね…

だから私は私のことをことさら褒めまくる人や凄いとか
聖なるお方とか言ってくる人は
まず信じてないし、正直迷惑です。

去年も、今までさんざん私を褒めてた人が
急に違う仕事につくからとか言って去っていった
もうラインでもなんでも連絡はしないし付き合いはすべて切るんだと
それまではしゃべりすぎかというほど話す人だったのに…
最初は真に受けて、仕事変えるから人とも会わずに勉強熱心だなと感心してた
でも後からよく考えたら、ただ私が嫌になっただけで、
縁切りのいい理由じゃないか

だって、なぜ本当にいい友達だと思っていたら
仕事変えるくらいの理由で、一生合わないような縁切りの仕方をする必要があるの?

今はちょっと休むね~でいいんじゃない?

まあ、こういう人は結構いましたね
とにかく、自分の理想の聖者じゃないと分かるといきなり、
ホントにいきなり理由をつけてあるいは行方不明になって消えていくのです
そのことで私を傷つけ、かつ自分も大きなカルマを抱えていることにも
気づかずにね…

また、セッションについても
私が気に入らなくなると急に連絡がなくなったり、
わざとらしく言葉少なになって、
女ってこわいよね、急に態度が反グレみたいになって、
急変し悪態ついていなくなったりした人もいるね、いっぱいいる

もうそういう人達、来ないでくれ。あんたたち、人に期待しているだけだ。

分からないかな?あんたたち、スピリチュアルなんじゃなくて
スピリチュアルなことで苦しみから逃げたいだけ。
逃げるための相手を探しているだけで、逃げの負けのカルマ人生送ってるんだよ
それに、気づいてごらんよ。どれだけ人を傷つけ続けてきたか自分の苦しみと欲求のために。

人に期待し、何か得られるはずと思い、
しかし当てが外れ、また違う「本物のスピリチュアルな聖人」を
探し続ける、可哀そうなインナーチャイルドたち。

あなた方のお世話をするのは私の役目ではない。
私は本気で自分の魂の目的を生きていきたい!

という人のサポートをしたいのだ。
傷ついたインナーチャイルドを慰め、
インナーチャイルドの輩を癒すのはまた違う人がやっているでしょ。
インナーチャイルド癒しとかいう看板だしているとこに行きなよ

スピリチュアルな生き方をするのは厳しいんだよ
あんたたちが考えるようなものじゃないんだよ
スピリチュアルは救済じゃないんだよ、自己成長のプロセスなんだよ

いい加減目を覚ましたらどう?

概してインナーチャイルドが傷ついたままの人というのは、
誰かを高みにおいて、
自分で理想化し、
その理想から外れた姿を見ると幻滅して人を傷つけ去っていく

不快だ。なんとも不快であり、何より心がそれで傷ついてきた。
そういう人は、もうこのサロンに来ないでくれ

自分は今どうかな?と客観的に観て、もし崇拝すべき人を探しているようだったら
インナーチャイルドの癒しがまず土台としてすごく必要ってこと、なんとかするんだね。

あなた方の勝手のおかげで私もずいぶん痛手をくらった
自分が傷ついているからと、人を傷つけていいとは限らないんだよ、わかる?

脱線したが、とにかく特にスピリチュアル系のグループなどを作ると
必ずや表れるのが、こうした「自分見えてない崇拝者探し」のタイプで
そういう人が、一時的に熱心で、ある時点からいきなりだんまりを始め
グループ自体をしらけさせてしまう。

その人の行動があまりに目立つがゆえに
いきなり黙りだすと皆がある意味驚いて、
ますますコメントや意見を書きにくくなる。
そしてグループがますます参加しにくいものになり、
不活性化して、最後には消えゆくのだ

そういうことは、他のグループでもよくあることだと、
管理人さんの会でよく分かった。

 

多くのほかのグループもそうですが、
人と人との最低限でもいいから思いやり・語り合い・やり取りがないところは
大抵つぶれていますし、あるいは問題が突然出てきます
そして、誰かを崇拝するなんてことはいくらスピリチュアル系だってご法度

理解しあおうとしていないからです

 

★それでも新たに生まれ変わったラインオープンチャット

でも、私は練習会でいいから仲良しになれる人達と
太極拳をしたり、カンフーをしたり、お茶会をしたり、言語交換をしたかった
小さくていいから、東アジア圏の友達同士で暖かい友達関係を持ちたかった

そんな時、参加者の台湾人の友人が「続けようよ、大丈夫だよ、やっていこう」

と言ってくれて、もう最大2人でもいいと思い、また再開しました

ある意味、「絶対やりましょう!!」とか個人的にメールさえくれて
熱心に言っていた日本人たちは皆消え、
中にはまるでいじわるのように去っていった人もいた

そして、あまり熱心でもなかった台湾人の友人が立ち上がって
グループを再建するとは、思ってもみなかった

オープンチャットを通して、また管理人さんの会で、
今の日本人ってどういう傾向になりやすいのか分かったとともに、
今はもうグループ運営方法がいろいろ分かってきたので、本当に人の反応に期待はしていません
その一方で自分もあまり投稿しないです
でもやはり反応が欲しくなるので、思いついたときや大事なこと以外は投稿しない

期待しないから毎日見ないしすっごい投稿すくないしマイペース。
大事にしているのは、やはり身体を動かすことだからリアルの練習。

それですごく気が楽になりました

 

★ピンタレストを使う
ピンタレストは昔から使っていますが、ここでは天使の絵を載せていこうと思っています
サロンブログをあまり書かないので、天使の愛と光を色にして
伝達することがあまりなくなっているから…まあこれもテレワークのためにできることですな

 

[ 新しいSNSチャレンジとサロンの変化変容~私はあなたに言いた... ]どれを受ければいいですか?セッションQ&A,はじめに,地球・個人の変化と変容の時代に2021/03/09 13:30